最近の動悸はというと
2015年10月14日 (水) | 編集 |
引越しにすごーく忙しくて疲れてストレスが溜まりまくった先週末、動悸のほうはどうだったかというと…

パニックになるほど早いいかにも動悸!!みたいなのは、実は起きてないの。
ただ、「動悸に襲われるかも」っていう不安は常につきまとって、落ち着かない日は増えたかな。
それと、最近は気が付けば心臓の動きを気にするようになってしまった(汗)
これが疲れる。

実際に高速バクバクな動悸はしばらく来てないのに、心臓の動きに意識が集中しすぎちゃって疲れる日が多いのが現実。
精神の力ってすごいもので、意識するといつもより強く作用したりするんだよね。
心臓の動きが気になり始めると、いつもより若干強く脈打ち始めるし、それが気になり始めるともっと強く脈打ってみたり、不安になってくると息苦しくなってくるし。

こういうのを「予期不安」っていうのかもしれないけど、最近は「動悸に襲われて辛い」というよりは「動悸になるかもと不安で辛い」かなぁ。
摂食障害の時、回復のための過食が毎日のように続いていた時期、これに似た「予期不安」はあった…ような気がする。
「また過食しちゃうんじゃないか」っていう不安。その不安がずっとつきまとって辛い。
実際に過食しなくても、「しちゃうんじゃないか」っていう考えが離れなくて、意識はいつの間にか自分のお腹の空き具合や食べ物に走ってしまう。

動悸であれ過食であれ、「不安だと思うことを考えすぎて余計に不安になってしまう」っていう点では似てるかもね。
深く突っ込めば細かい違いはあるだろうけど。

なんとなく思うに、こういう時期って「不安のバリア」みたいなものが自分をすっぽり覆っていて、それ以外のことに上手く意識を向けられなくなってるんじゃないかな。
それじゃダメだって分かっているのに、どうしても上手く意識を他に向けることができない。

このバリアを「今すぐ!きれいさっぱり!」取っ払えれば理想だけど、人ってそんなに早くは変われない。これは今までの経験でなんとなく分かる。
今すぐ完全に取っ払おうとすればするほど、苦しむだけで、「自分はなんてダメな奴なんだ」とますますマイナス思考になるだけで、あまり良いことはないってこと、なんとなく分かる。

「今はこういう時期なんだ」「きっと少しずつよくなっていく」
そういう風に思いながら日々を過ごせるといいんだろうなー。
気分には波があるから、そう思えない日もあるけどね(苦笑)


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可