スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目指すべきは、自分を大切にしてあげること
2014年11月02日 (日) | 編集 |
私は闘病中によく「健康体になりたい」とか、「摂食症状から脱出したい」とか、「過食から離れたい」とか思ってた。
でも、それは本当の意味での「克服」じゃないの。
今だから言えることだけど。

一番大切なのは、「自分を大切にしてあげよう」という思い。
でないと、摂食症状がなくなっても、過活動は残ったり、別の症状が出たりする傾向が高い。
たとえ普通に食べれるようになったとしても、過活動で苦しい思いをしているなら、それは本当の意味で摂食障害を克服したことにはならないよね。

「ありのままの私でいいんだ」と自分自身を受け入れてあげないと、一通り食べられるようになっても偏食が残ったり、カロリーをずっと気にしながら生きていくことになる。

こんなことを言っている私も、ある程度体重が戻って、ある程度食べようと思えば食べられるようになってからも、どこかで痩せを気にしている自分がいて、その時期は辛かったよ。
食べようと思えばパスタだってピザだって焼肉だって食べることができたけど、食べた後でカロリーを気にしてみたり、翌日の食事はかなり軽めにしてみたり…
摂食障害の真っただ中みたいに食事を抜いたり過活動をするわけじゃなかったけど、やっぱりどこか「普通とは違う」感じがして、苦しかった。

スーパーに行っても、コンビニに行っても、本当に欲しいものがなかなか買えなかったり。
その度に、「なんだ、結局まだ摂食障害から抜け出せていないんだ。ダメな私」と自分に失望しては、低カロリーの食品を買って帰ったり。
つくづく、「摂食障害が治る」=「体重が戻る」という単純計算は成り立たないことを思い知ったよ。
精神面もついてきて初めて、本当の克服なんだよね。

私が本当の意味で摂食障害とオサラバできたのは、実はそんなに昔のことじゃないの。
「摂食障害カテゴリ」で経緯を順に書いていってるけど、就職してからも精神面がまだ摂食障害に引きずられてたから。
転職をきっかけに、自分のことをもっと大切にしてあげないといけないってことを考え始めて、徐々に精神面も摂食障害から離れていったよ。
今では、こんなことができるように!

DSC_0703.jpg

…何度アップロードしても画像が反転してしまうのは何故…(-_-;)
これ、今日のジョギングの結果。
iPodのエクササイズ機能を使っているから、走った距離、タイム、消費カロリーが分かるようになってるの。
4km半、前の私だったら走れてないね。
私は週1回~2週に1回のペースでジョギングするんだけど、全身に血液が巡る感じがして好きなの。
最初からこんなに走れたわけじゃなくて、ちょっとずつ距離をのばしていったよ。
こうして走るたびに、ここまで体力がついたことを褒めてあげてるの。
走る頻度は少ないけれど、太ももにだんだん筋肉がついてきて、実は昔なら入っていたズボンが入らなかったりするけど、案外この筋肉気に入ってるの(*^_^*)

自分自身を大切にしてあげること、忘れないでね!


お時間ある方、クリックよろしくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね・・・・
太ったからって摂食障害とおさらばなんじゃないんですよね><
2014/11/04(Tue) 16:32 | URL  | 黒猫 #-[ 編集]
黒猫さん
そうなの。
体型とか、ある程度恐怖感なく食べることができるようになったとか、関係ない部分もあるんだよね。
食べることができるようになったり体重がそれなりに戻れば、「ある程度症状が軽減した」とは言えるかもしれないけど。
2014/11/05(Wed) 09:38 | URL  | 瑠花 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。