過食期
2014年07月06日 (日) | 編集 |
私の場合もそうだったけど、拒食状態から回復のために食べ始めて少し経つと、「回復のための過食期」がくることがあるよ。
誰でもそうなるわけじゃないけど、約50%の人がこの時期を体験すると言われているの。
一体どんな時期かというと、

胃が食べ物を物理的に受け入れることができそうにないほど食べるのに、まだ食べたいという衝動に駆られる

ということ。
もう既に色々と調べて過食期のことを知っている人も多いんじゃないかと思う。
もしかするとまだ知らない人もいるかもしれないから、一般論を書いておくね。

一般的に、過食期は数か月~数年続くと言われてる。
この期間の幅は何?と疑問に思うかもしれないけど、個人によって回復していく早さが違うからなの。
ちなみに、回復=健康体重に回復する、って意味ね。
要するに、健康体重に限りなく近づくまでは、過食期は通り過ぎてくれないってこと。
過食期がきた後、どういう経過をたどることが多いのか、簡単に書いてみるね。
(もちろん個人差はあるし、あくまでも一般的な割合が多い例って考えてね)


・自ら栄養を積極的に受け入れる → 過食衝動が少ないまま回復

・なんとか食べまいと抵抗してみるが、衝動には勝てずに過食 → 過食衝動が強いなかで回復

・過食の後悔から、下剤乱用・嘔吐 → 拒食症のむちゃ食い/排出型、または過食症へと移行

・過食を激しく後悔するが、下剤乱用・嘔吐なし → 過食症へと移行


ざっとだけど、こんな感じ。
上の項目二つはいずれも回復していって、健康体重になって脳が「もう飢餓状態にはならないだろう、一安心!」と判断すれば、過食衝動がなくなるよ。
下二つの項目が、恐らく多くの人が恐れていることで、「拒食症と過食症は表裏一体」って言われることもある側面だよね。


【自ら栄養を積極的に受け入れる → 過食衝動が少ないまま回復】

これが一番難しいけど、過食の苦しみは一番少ない。
栄養をポジティブに受け入れることで、体と体重はメキメキ回復していくよ。

なぜ難しいのかというと、食べ始めた人の多くは標準体重より低い状態でキープさせたいという願望を持っていて、治療の理想通りの栄養量を受け入れることが精神的に難しい場合が多いの。
栄養を受け入れる=回復していく=体重は増える、ってことだからね。


【なんとか食べまいと抵抗してみるが、衝動には勝てずに過食 → 過食衝動が強いなかで回復】

本人的にはしっかり栄養を取っているつもりでも、実は全然足りないことが多くて、ものすごい過食衝動に苦しんでは「ちゃんと食事しているのにどうして?!」と焦ってしまうことも。
それがこのケース。
こういう人の多くは、急激な体重増加が怖くて、精神的に受け入れ可能な少ない栄養しか取っていないことがほとんど。

拒食状態から食べ始めてすぐの頃は胃も小さくて受け入れるキャパ的に限界が早くくるけど、体が回復してくるにつれて受け入れるキャパは多くなって、それだけ過食量も増加していくよ。


【過食の後悔から、下剤乱用・嘔吐 → 拒食症のむちゃ食い/排出型、または過食症へと移行】
【過食を激しく後悔するが、下剤乱用・嘔吐なし → 過食症へと移行】

拒食症のむちゃ食い/排出型と過食症の違いの一つは、体重が低体重か正常範囲にあるかということ。
過食症は体に必要な栄養とはあまり関係なく精神的な要素が強いみたい。
きっかけが栄養不足による過食でも、精神状態によっては健康体重になっても過食が続くことがあるよ。
それは栄養不足とは別で、心理的ストレスを発散することで快感を得て、それがクセになってしまうケース。
過食がストレス発散効果と脳に認識されている場合、過食を治そうとすると心のストレスの負担が大きくなってしまうから、過食だけでなくカウンセリングなど心の治療が必要だよ。


たとえ回復のためでも、過食は苦しいもの。
できれば過食衝動は少ない方がいいし、避けれるものなら避けたいよね。
その為にも、栄養のあるものを怖がらずに体に与えてあげることが大切。
そして、ずっと我慢してきた食べたいものも、全くの禁止食品にすることなく、バランス考えながら食べるといいかも。
例えば、お菓子とか。
そうすると、ずっと我慢してきたストレスは徐々に減っていき、ちゃんと栄養を取ることでお菓子ばっかり過食することなく過ごすことが、いずれできるようになるよ。
近々、私なりに実践してみた過食衝動を少なくする方法を記事にするよ(*^_^*)



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わああああ
まだにこの通りです><
やっぱり拒食症に過食症はつきものなのでしょうか。
自分の場合4つ目にあてはまるかもしれません。一番だめなパターンですかねえ
とにかく食べたくて食べたくてたまりません。
2014/07/07(Mon) 16:48 | URL  | 黒猫 #-[ 編集]
黒猫さん
こんばんは(*^_^*)
拒食症には50%の割合で過食期がつきもの、というのが一般論だけど、過食症がつきものなわけじゃないよ。
健康体重より低い場合、過食症じゃなくて、回復のための過食期なの。
吐いたり下剤を使っていないのは、回復への早道だよ(*^_^*)
黒猫さん、辛い中でよく頑張ってるね!

厄介なのは、「あの人はスリムで絶対標準より低いはずなのに、少ない量で満足しているのは何故?!」ってこともあるんだよね(汗)
スリムで標準体重より低い可能性の高い人が、少ない量で満足できる(時もある)のは、飢餓状態を経験していないから。それに、そういう人は毎回少なくセーブしてるわけじゃなくて、7割くらいは普通に食べて、時には間食をしてストレスを溜めないようにしているキレ者が多かったりする。

拒食症になると一度飢餓状態を体験しちゃうから、バッチリ標準体重かそれ以上にならないと過食衝動が治まらなかったり、食べ物のことが頭を離れなかったりするの。
まずは、自分にかけている食に対する制限を少しずつでいいからなるべく減らしみて(*^_^*)
食べる不安は強いかもしれないけど、その不安に打ち勝ってバッチリ栄養をとっていくと、過食という恐怖は薄まっていくよ。
2014/07/07(Mon) 22:48 | URL  | 瑠花 #-[ 編集]
初めまして
摂食障害の検索をしていたらこのブログにたどり着きました。
今はゆも食べて上げどまりが来るのを待っている途中です。
参考に聞きたいのですが、るかさんは体重はどのくらいで上げどまりが来ましたか?
BMIでもいいのでよかったら教えてください><
2014/07/11(Fri) 05:08 | URL  | はゆ #XVgCdbeE[ 編集]
はゆさん
こんにちは(^^)
個人差があるから、本当に参考程度に思ってね。
私も闘病中は他の人がどの程度まで上がらないと上げどまりが来ないのか、すごく気になった時期があるから、知りたいっていうはゆさんの気持ち分かるの。
私は160.2センチで、体重は推移が大きくて46.5~48だよ。
体脂肪率は20.5~23%。
生理を起こすためにホルモン剤を服用すると、生理の時期に合わせて体重と体脂肪率が少し上がる感じ。
闘病している時は500グラムでも推移するだけですごく気分が左右されてたけど、健康体の人って面白いほど1キロくらいは上下しちゃうんだよね。
毎回計ってないから知らないだけで(苦笑)

個人的に思うのは、摂食障害になる前に自分が保っていた体重や体脂肪率に、限りなく近いか少し上くらいになれば上げどまりがくるのでは、と思う。
過食症にならなければ。
私は元が痩せで小学生の頃「骨子」とか言われてた時期もあったくらいだから、元々平均体重よりは下なのかも。
でも、体脂肪率はそれなりにちゃんとあるよ。だから、これが私の体型なんだろうなー、と思う日々。

過食衝動は、この体重をキープして数ヵ月後にやっと治まってきた感じ。
ちょっと偏食気味になってしまった時期もあって、無駄に過食時期を延ばしてしまったなーと反省中…

はゆさん、食べて頑張ってるみたいだし、いい方向に進むように祈ってるよ!
2014/07/11(Fri) 09:20 | URL  | 瑠花 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可