ピロリ菌の検査
2014年06月19日 (木) | 編集 |
ピロリ菌の検査を受けたよ。
今勤務している職場には診療所が敷地内にあって、割と気軽に行けるの。

私は長年胃もたれとか胃痛に悩まされてて、胃カメラも既に2回も経験してる(-.-;)
2回目の胃カメラ検査の時は特に異常はなかったけど、その時「ピロリ菌の検査を受けてみたほうがいいかもね」と言われたの。
そしてピロリ菌の検査を受けることがなぜ重要なのかを熱弁されて、「つまり今、運命の分かれ道にいるわけです」と言われた(汗)
そこまで言われておきながら、「分かりました、考えておきます」と答えて、数年経ったという(苦笑)

今回勤務先で偶然検査をしていることを発見して、近いし受けてみてもいいか、という気になったってわけ。
私が受けたのは「ABC検査」ってもので、血液検査。
息をビニール袋みたいなのに吹き込む検査もあるらしいけど、こっちのほうが良さそうな気がして←先入観?
ネットで検査内容を検索すると、

ABC 検診とは、ヘリコバクターピロリIgG 抗体(Hp抗体)検査でピロリ菌感染の有無を、ペプシノゲン(PG)検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類して評価する検診です。

と説明してあるよ。
難しく聞こえるけど、ピロリ菌の感染の有無&胃の健康度が分かる検査と考えたらいいかな。
自費検査で三千円くらいかかるけど、一度受けたらもう受けなくていいし。

ちなみに、もしピロリ菌が陽性だった場合、一週間くらい薬を服用すれば除菌できるんだって。
強めの薬だから、口内炎がたくさんできて断念したり下痢がひどくて断念する人も中にはいるらしい。
うーん、私もそうなりそう(汗)
しかも、薬を保険適用で処方してもらうには、謎に胃カメラ検査が必要なんだって。
胃カメラでピロリ菌が見えるわけじゃないんだけど、法律かなにかでそう決まってるって…
もう胃カメラだけは勘弁なんだけど(冷汗)

検査結果は7月4日に分かるよ。
ドキドキ。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可