スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリデー
2016年12月21日 (水) | 編集 |
明日は雨っぽいから、ディズニーシーはお預け。
7月までのオープンチケットだから、また都合がいい日を探せばいいし。

私の職場のなかには26~28日に有休を取って、23~来年の3日までお休みって人いるよ。
なんて羨ましい。
急病etc.で有休を使えない(し、溜まってない)私にとっては夢のような話だわ…。

私も22日はすっかりディズニーな気持ちでいたから、なんだかもうホリデー気分。
26~28日の業務は恐らく半分上の空でやっていることでしょう(笑)

そんなわけで、ブログもホリデー休暇!
来年、また気が向いた時期に更新しまーす。

瞑想と有酸素運動はホリデー中もなるべく続ける予定。
有酸素運動は毎日できなくなってきてるけど、そもそも週3回以上っていうことだから、別にいいんだ。

ではでは。
スポンサーサイト
今朝、大きな発作
2016年12月20日 (火) | 編集 |
久しぶりに、ドカーンと大きな発作が、しかも家で起きちゃった。
謎は色々あるけど、たまたま体がそういうムードだったんだろうと思うことにするね(苦笑)

脈拍は200いってただろうなー。
血圧はどのくらい高いのか分からないけど。
いつもは低血圧。

朝にコレがあると、1日ずっと引きずられるのが怖い。
1日どころか数日なんてこともあるし。
今のところ、前ほど引きずってないからホッ。

それにしても、発作起こして慌てて外に出ようとするバカ←
外の気温は0度に近いし廊下に出ただけで白い息が出るっていうのに、どうして暖かい部屋から出ようとしたか??

お恥ずかしながら、ご近所に助けを求めようとしたんだろうね。
発作中はもう必死だから。
彼は朝早くから仕事でたまたま家にいない日で、私の発作に電話対応。
「ダメだよ、外に出たら! 動いたらよくないよ」
なんて言葉を無視してフラフラ玄関へ行く私。

結局外に出たのは一瞬だけで、寒さに余計脈が上がる気がして家に戻ったけど。
うーん、なかなかキツい1発だった。

22日のディズニーなくなりそう…
2016年12月19日 (月) | 編集 |
先週の木曜日ぶりの更新で愚痴をこぼすのもアレだけど、22日の千葉は今のところ雨予想だね…。
ディズニーシーに行く予定なのに(涙)

有休は直前で変更可能な緩い職場だから別に構わないけど、楽しみにしてたのになぁ…。
クリスマスは他に特別予定入れてないから、ディズニーシーがNGだったらお楽しみはナシ?!

まだまだずれる可能性がある(と思う)から、ギリギリまでは晴れになることを祈ってる!
最悪、曇りでも許す!
大泣き
2016年12月15日 (木) | 編集 |
昨日は夜に大泣き。
夕方から調子悪くて、帰り道の運転でかなり緊張をつのらせちゃったのが原因なんだけど。

彼は忘年会で遅くまで帰ってこないし、晩御飯は残り物で適当に済ませてドラマを観て快適に過ごすっていう計画は丸つぶれ。
夕食が終わって「ちょっと瞑想でもしとこう」と思って目をつぶると、涙がポロポロ…。

運転で相当緊張したからか、夕方から調子悪かったのが悔しいのか、よく分からないけど…涙が止まらない。
ドラマを観はじめたら一旦止まったけど、彼が帰ってきたらまたポロポロ。

一週間分は泣いたかなーと思うくらいポロポロこぼして疲れたのに、寝たのは夜中の12時過ぎ。
そして夜中に気持ち悪くて目が覚める…。
一瞬「ノロか?!」ってヒヤリとしたけど、吐かなかったからそうじゃないんだと結論。
残り物が悪かったのかな??

朝、吐き気が残って朝食はすすまなかったけど…今日は新しい一日!と思って昨日を引きずらないようにする。
有酸素運動を確保する時間
2016年12月14日 (水) | 編集 |
30分間の有酸素運動としてランチタイムに散歩してたけど、先週ちょっと問題が発生しちゃって…(汗)
席が近い上司から、「もうちょっとお昼時間のコントロールしたほうがいいかも」と言われちゃった。

というのも、ランチタイムは1時間。
移動やら着替え(主にはシューズ。車の中に置いてて、散歩前にパンプスから履き替えてる)やらを含めると、ランチを食べる時間は15分もないのが現状なの。

私の職場はデスクで間食OKなところだし、たまに午前の仕事が来客で延びたりした時はランチタイム終えてからのデスクランチはOKだし、食べられなかった分はデスクで午後の業務開始後に食べてたの。
何も言われないからOKなんだろうと思ってたけど、どうやら違ったみたい。

そんなわけで、ランチタイムの有酸素運動は消えた…。
残るは家に帰ってから寝るまでの時間だけど、これがなかなか…。
定時に終わるからって、帰ったら何もせず好きなことできるかっていうとそうじゃないし。

料理、洗濯、ポラリスの世話。
料理は夕食+翌日のお弁当を一気に作って、どんなに高速でやっても1時間以上はかかる。
洗い物もやるとなると、プラス10分はかたい。

うーん、うーん。
まぁ週3回っていうのがノルマだから、土日で30分ずつ、あと平日1日すればノルマ達成なんだけどね。
例えば、翌日のお弁当は作らない、とか。
そういう感じで試してみるしかないよね(汗)

試しに昨日は高速で夕食+翌日のお弁当を作ってみたけど、洗い物込みで1時間15分かかった。
せかせか追われるように料理して、はいっ次は運動!みたいなことはしたくない。

時間の使い方って難しいね…。
潜り込みたい症候群
2016年12月13日 (火) | 編集 |
これ、ポラリス(犬)のこと。
イタリアン・グレイハウンドっていう犬種で、寒さが苦手。
冬は服を着ないと生きていけない…という顔をするけど、実は服なくても平気なはず(だってドッグランで見かける子たちには服着てない子いるもん)。

ポラリスは最近、潜り込みたい症候群。
私が椅子に座ると、羽織ってるモコモコ(モコモコ生地の部屋着用の上着)と上着の間に入り込もうとするの。
手慣れたもので、私がちょっとでも隙を作ろうものなら、いつの間にか登ってきてる。

大体足の間から攻めてくるから、阻止しようと思ったらこうなる↓

写真 2016-10-16 20 14 57

服にスッポリと包まれてる感じがいいんだろうね、暖かくて。
おかげで私のモコモコにポラリスの匂いが移ってるんだけど(汗)

この子の寒さ嫌いは筋金入りで、ホットカーペットがないと寝れない(犬用)。
朝、ヒーターのスイッチを押して実際に温風が出始めるまで1分くらいかかるんだけど、温風が出始めたの途端にヒーターの前を陣取るポラリス↓

写真 2016-10-30 19 00 35

寒さ嫌いっていうより、暑いくらいのほうが好きなのかも?
夏でも日向が好きだし、ヒーターにはベッタリくっつくし。
焼けちゃうよ?みたいな。
クリスマス・ベイキング
2016年12月12日 (月) | 編集 |
友達や知り合いで集まって、クリスマス・ベイキングパーティ。
去年もやってるからか、みんな手際が良くて、ランチタイムには予定通りの行程が終わってピザタイム。

発案者&取りまとめ役は彼の友人のドイツ人女性で、この人の知り合いがビックリするほど多い(汗)
誘った人たちの半分くらいがベイキングパーティに来たんだろうけど、それでも20人近くいたよ…(子供を入れればそれ以上か?!)

発案者のドイツ人女性が一番作りたがっている「マルチパン」のために、大量のアーモンドがミキサーで粉々にされるのは圧巻…。
(でもこれ、日本人にはいまいち人気なし)

アイスボックスっていうクッキーは生地を1時間以上冷蔵庫で寝かせる必要があるからランチタイムまでに生地を作っておけば効率的で、それを学んだのは去年のこと。
去年は初めてのベイキングパーティってこともあって、朝10時前から始めて夜の9時近くまでかかったの(恐)

その記憶が残っている去年からの参加者は、パッパッと手際よくランチ前に生地を作ることに成功!(10人以上がワラワラと作業するから、役割分担さえきちんとできていれば効率よく進む)

作ったのは

・マルチパン(アーモンドと砂糖を練った半生クッキーみたいなの)
・ベイクト・マルチパン(マルチパンに卵の白身を混ぜて焼いたもの)
・アイスボックスクッキー数種類
・抹茶クッキー(今回は金粉つきの豪華バージョン)
シュピッツブーベン(ジャムをサンドイッチしたクッキー。ドイツ伝統)
・アーモンド・キャラメリゼ風クッキー
・ココナッツ・メレンゲ
・チョコチップ・メレンゲ

写真 2016-12-11 17 01 00

そして、余った卵の黄身や白身をムダにすまいと、意味不明なお菓子を焼き始める参加者たち。
最後には黄身だけの卵焼きまで作ってた(笑)
主催者の旦那さんは、謎にカスタードクリームを作ってたけど…何に使うのかは最後まで分からなかったな(笑)

最後は一人一袋ずつクッキーを詰めて、お持ち帰り♪
しばらくおやつには困りそうにないな~♪
FF15!!!!
2016年12月10日 (土) | 編集 |
待ちに待ったFF15(PS4のゲーム)!
日本じゃ先月の29日に発売だったね。

私は彼が日本語NGだから、US版をネットで予約(彼が)。
どうやら日本語版でも言語と字幕を英語に設定できるらしいんだけど、「リスクは避けたい」って言って(汗)

届いたのは今週の初め。
でも、プレイし始めると1時間は止められないだろうなーと思って、週末まで我慢してたの。

同じゲームを二人別々にするのも時間がもったいない気がするから、二人でプレイしようって話してる。
操作方法は体験版で一応練習済みだし、多少変わってるところがあるかもしれないけど、たぶん大丈夫だろうってことで。

FF15、注目度高いね!
すごくクオリティが高いからね~♪

ゲームの発売の前に、このゲームストーリーの序章編としてCGアニメ映画が公開されてるよ。
タイトルは「キングスグレイブ(KINGSGLAIVE)」。
ゲームはこの映画の直後くらいからストーリー展開していくみたい。

この映画のクオリティがまた高くて…!
ハリウッド映画のCG技術に劣ってないぞ~~!
日本語吹き替え版は観てないけど、英語版は声優陣がめっちゃ豪華だった。

さてと、楽しむぞ~~♪♪
瞑想を約1か月続けて思うこと
2016年12月09日 (金) | 編集 |
「マインドフルネス」という言葉と出会って、約1か月。
なるべく毎晩、寝る前にベッドの上で10分間、瞑想をしてるよ。
感じる効果は…

一番感じるのは、腹式呼吸が上手くなってきた?ってこと(笑)
元々ヨガ少しやってたから呼吸法はなんとなく知ってたけど、ヨガの時は10分間もしなかったから、呼吸法を10分間続けるのは最初キツかった。
無意識のうちに、どこかに力が入ってたんだろうね。

今は、割と自然に呼吸できてる。
10分は割とあっという間に過ぎてくよ。

肝心のメンタル面にどう働いてるかっていうところは、まだよく分からない。
ポジティブになれる日が多くなってきてるし、ネガティブ→ポジティブに移行しやすくなってきてるけど、全てが瞑想のおかげってわけじゃないだろうし。
有酸素運動も効果を発揮してると期待したいところ。

有酸素運動っていっても、全然大したことないレベルで「本当にこれだけで大丈夫かな?」と思うくらい。
ちょっと早歩きで30分、それだけ。
摂食障害で過活動だった時はこんなもんじゃなかったなぁ。

前から入眠にはほとんど問題なかったけど、よりスルリと眠れるようになった気もする。
寝る前にやってるから、途中で眠くなったりもするの。
ひどい時だと、何度も前にコックリして頭が布団とこんにちは~(笑)
※瞑想はベッドの上で足を組んでやってるよ。

瞑想の効果が脳に現れ始めるのは約8週間後っていうことだから、まだまだ。
害にはならないし、これからも続けるつもり♪
彼と一緒に認知行動療法
2016年12月08日 (木) | 編集 |
私は十代の頃から不安が強いタイプだったし、パニック障害にはなりやすい性格なんだと思う。
十代の頃から「自律神経失調症」と診断されたってことは、その診断を100%信じるわけじゃないけど(当時は抗不安薬やSSRIの意味を知らずに通院してたし)、その気があるんだと思う。

でも、もうこれ以上そういうものに振り回されたくない!
そう考えたら、やっぱ薬飲む治療だけじゃダメだって結論になる。
だって薬は対症療法でしかなくて、病気の根本を治療しているわけじゃないもん。
いつか症状が消えていくためには、根本を治さなきゃ。

どうやったら治療できるだろう?
そう思って色々検索したら、いくつか方法はあるみたいだけど「認知行動療法」は効果ありそう。
でもこれ、プロのセラピストがいないとダメ??

日本じゃまだ認知行動療法は海外ほど普及してないみたいだし、カウンセリングなんて超高くて…。
そこで試しにセルフ認知行動療法のサイトがないか探してみたら、あった!

CBT Self Help Course
http://www.getselfhelp.co.uk/step1.htm

このサイトにはステップ別にPDFのテキストも用意してあって、なんとなく自分でできそうな雰囲気。
※サイト内は全部英語…(汗)
このテキストを使いながら彼と一緒にやっていけば、もしかして?!

そんな期待を込めて、先週末から彼と一緒に取り組み始めたよ。
今はステップ1。
内容としては、思考(ネガティブな考え)→感情(不安感、焦りなど)→行動(パニック発作、過呼吸など)という「負のサイクル」に関する説明があって、「じゃあ実際にあなたの場合を書き出してみましょう」っていう流れ。

私の場合はこうなった。

<ステップ1、「負のサイクル」を理解する>

[思考]
・もしかすると発作が起きるかもしれない
・もしかすると彼は電話に出られない状況かもしれない
・「もしかすると」を考えるのはよくない
・不安になるのはよくない

[感情]
・強い不安感
・焦り
・情けない感じ
・悲しい

[行動]
・変な呼吸になる→全身が緊張していくような感じ→パニック発作→携帯を手に取る→脈がもっと速くなる→彼が電話に出て、話し始める→発作が落ち着き始める


この「負のサイクル」の表を、発作が出るたびに書いていこうって彼に言われた。
昨日の発作の後も、この表を書いた。
まだステップ1だからなんとも言えないけど、二人で一緒に病気をやっつけようとしている一体感が出ていい感じ。
オススメのチョコレート♪
2016年12月07日 (水) | 編集 |
久々にスーパーのお菓子コーナーで手に入るチョコで「美味しい!」と思える商品に出会った!
これだよ↓

写真 2016-10-25 20 42 30

ロッテのガーナ、「マール ド シャンパーニュ」♪
見てのとおりシャンパンが練られたチョコだから、アルコールNGの人はダメかな。
よくある中にリキュールがドロッと入ってるようなタイプじゃなくて、チョコに練ってあるから、中身はあくまでもチョコレート。

これが、香るシャンパンが半端なくイイ!!
リキュールが直接入ってるわけでもないのに、しっかりと香ってくる。
一口食べて、「これはすごい!」と感心。

チョコレートにはこだわりがある(といっても美味しければなんでもいい)彼も、「これは美味しいね~、瑠花のタイプだね!」と言うくらい。
スーパーだと200円以上のお菓子は高いと思ってしまう(ケチ)私も、これだけは手が伸びでしまう。

チョコレートって季節によって商品入れ替えが激しいから、いつまで売ってるんだろうね。
春には消えるか?
その前に5箱くらいは買っとかないと(笑)
発作起きた…
2016年12月06日 (火) | 編集 |
1週間前くらいに彼から「12月6日は早く職場に着いていないといけないんだ~」と聞いた時、思考はすぐに「あ、じゃあ私が通勤中、彼は電話に出れないな」と流れた。

私は発作が出ると彼に電話していて、それに頼っている状態。
どんなに調子がいい日も、どこへ行くにも携帯電話は持って行ってる。
だから、彼が電話に出れない時間は、それだけで不安になっちゃう。

今からそんな風に思ってたらダメダメ…そう思ってその時は頭を切り替えたけど、片隅には「12月6日は彼が電話に出れない」と残っていた。
で、前日の夜、やっぱり襲ってくる不安…。

前日からそんな風に思ってたらダメダメ…そう言い聞かせて眠りについて、翌朝。
もう車に乗る前から緊張してる自分が分かった。
いや、起きた瞬間から。
メイクする時、ヨーグルトを食べる時、服を着替える時。
「今日は彼が電話に出れないぞ」という考えが何度もよぎる。不安と一緒に。

時間に余裕を持てば心にも余裕を持てると思ったのか、いつもより少し早めに出発。
運転し始めた時の感触は、「いけるかも」。
パニック発作が毎日のように起きていた時期に比べると、リラックスしてハンドルを握れてる気がする。

いつも難関の交差点の二つ手前の信号で止まった時、ちょっと緊張したもののパニックにはならなかったから、「ほらね、大丈夫じゃん!」と思った。
すごく不安が高まってるときは、この信号に引っかかった時点で発作が出るから。
車内で一人、声を出して「ほら、大丈夫!何を怖がってるの?」と言ってみたりした。

そして、難関の交差点一つ手前で思いがけずまた信号に引っかかった時(ここで引っかかるかは五分五分)、急に緊張が高まっていくのを感じた。
大丈夫、大丈夫…
そう言い聞かせようとしたけど、その時点でもう無理。
動悸がどんどん早くなっていく。
ものすごく早い!

思わず携帯を手に取って、出るかどうかも分からない彼に電話した。

彼は大事なミーティング中だろうに、出てくれた。
彼の声を聞くだけで、ピークに達してた緊張が一気に引いていく。
私の口から真っ先に出たのは、「ごめんね…」。

彼は私を落ち込ませまいと「いつ電話してきたっていいんだからね」と言ってくれたけど、そう言わせてしまうことに罪悪感を感じる私には耳が痛い台詞。

最近発作になる前に緊張を上手く受け流せるようになってきていただけに、その自信が崩れ落ちていくようで、会社についてしばらく号泣。
オフィスについて、トイレの中でまた号泣。
そして泣きはらした目で歩く私を見つけた同僚に声をかけられて、同僚に事情を話しながら、また号泣。

おかげで目が半分くらい小さくなった。

携帯電話にかなり頼ってるんだなぁ、と思う。
というより、電話に出られる彼に頼ってる。
彼が出れないなら、携帯はただの物になる。
今朝の発作でそう思い知らされた感じ。

緊張を上手く受け流せるようになってるっていっても、それは傍に携帯があるってことが前提だし。
つまり、彼がいつでも電話に出られる状態っていう前提。

うーん…
今日はネガティブだな。
朝の一件で、もう一日が終わった感じ。
お疲れ様~。

でも、実際にはまだ午前中。
発作なしでいいスタート
2016年12月05日 (月) | 編集 |
今朝は発作もなく、いいスタート♪
先週の金曜日、職場からの帰り道で発作が出て驚いたけど(普段、帰り道は出ない)、引きずってないみたい。

先週末は1か月に1度の通院日で、先生に最近不安が強くなる時間があることと、期外収縮が増えてる気がすることを相談してみた。
メイラックスを飲み始めたのが9月からで、それから発作は激減したのに、11月半ばくらいから漠然とした不安に襲われることが何度かあって、「不安が強くなってきてるなー」と思った矢先にパニック発作。
そこから、思い出したかのように発作が起きる緊張と戦う日々…。

先生の解釈のよると、不安が増えてきたのは季節的なものなんじゃないか、ということ。
だからメイラックスの量を増やす必要もない、と。
薬の効きが悪くなってるわけじゃないみたいで、ホッ。

発作がまた来るようになったけど、発作が来そうになって、上手く受け流すことができる日もあると伝えると、それはポジティブに受け取っていいって。
そりゃそうだ。

期外収縮が増えた理由は分からないけど、前にもホルター検査を受けて「気にしなくていい」とその道のプロから太鼓判を押されているわけだし、気にせずいきましょう、という話で終わった。
一応、そういった不整脈に効く漢方を出してくれることに。

予約時間が11:50、お会計が13:30近く。
待ったけど、週末に患者が押し寄せるのは知ってるから、こんなものかな。
次回の予約は12:00。つまり、14:00前に全てが終わるのね~って感じ。
間食持って行かないと、お昼まで持たない(笑)
平日は毎朝、発作と戦ってる
2016年12月03日 (土) | 編集 |
先月の22日に久しぶりに朝の通勤の車内で発作を起こしてから、また朝が緊張の時間に逆戻り。
それまでリラックスして運転できていたのがウソだったかのように、車に乗る瞬間から緊張してる私。

でもね、いいの。緊張してても。
不安でもいい。だってついこの前発作が起きたばかりなんだもん、不安になるのは当たり前じゃない?

前はこう思えなかった。
何でまたこうなるの?って悲観して、
もう治らないんだ!と泣いたりしてた。
全然成長できてないって不満を漏らして、
辛いのはもうヤダって逃げたくなってた。

久しぶりに発作が起こって、「お薬飲んでるのに、効きが悪くなったかな?」と考えたりもしたけど、悲観するのはもう止めたい。

体調に波があるように、発作にも不整脈にも波がある。
上手く受け流せば、きっとまた安定した時間が戻ってくる。

毎日、そう思いながら過ごしてる。
発作が起こるのが心配だから携帯はタップ一つで彼に電話できるように設定してからハンドルを握るし、運転前には深呼吸。
22日に発作が起きるまでは、携帯はバッグの中に入れたままでも運転できた日もあるし、傍に置くとしても電話の設定をしたりはしなかった。

「万が一」のための準備で、前はそういうことをする自分が嫌だった。
でも今は気にしない。
今、そうすることが必要なら別にいいんじゃないか、と思う。

そして、22日以降、発作が起きそうになる度に、なんとかコントロールできてる自分がいる。
日によって自分でも驚くほどコントロールできる時もあれば、ギリギリ発作が起きなかったって日もある。

強い予期不安はしばらく続くかもしれない。
でも、何かが変わってきてる自分がいる。
そう信じるの。
摂食障害特集やってた
2016年12月02日 (金) | 編集 |
昨日たまたまテレビつけたら摂食障害特集やってた。
日テレの「今日コレ」っていう番組だったかな?
ニュースと特集番組が組み合わさったような、ヘンな番組なんだよね。
いつもは東京の行列ができる店とか、隠れた名店とか、そういう特集が多いと思うんだけど…
(ちょうどこの時間に帰宅してて、テレビでも観ながら(というか聴きながら)料理してるの)

今回放送してたのは、医療刑務所に入所してる摂食障害の人たちだった。
そんな刑務所あるんだ~!っていう驚きは一瞬で、映ってる患者さんや紹介される摂食障害の概要を観てるうちに、思わず泣いてしまった。

私と同じ精神状態だった人たちが、そこにいる。
病的なほど痩せていながら、「これ以上は太れない」と泣く患者。
先生の診察では、出される食事のカロリーを何度も確認する患者。
先生に「どうして痩せていたいんですか?」と聞かれると、「だって私にはこれしかない」という答え。
「どうしてそう言い切れるんですか?」と聞かれると、「私にとってコレは宗教みたいなものなんです」

過去の自分を見ているようで、痛くて、かわいそうで、ただ本当にかわいそうで、料理しながら泣いた。

数字が全てだった自分を覚えてるの。
痩せが生きる価値だった自分を覚えてる。
孤独で、辛くて、毎日が地獄だった。
生き地獄ってこういうことなんだな、と思った。

こんなに辛いのに、数字にしがみつく自分を捨てられない惨めさ。
病気になって最初こそ痩せてハイテンションになるけど、自分が「病気だ」と気づいてからは、そんな病的な考え(数字へのこだわり)にしがみついている自分が惨めで仕方なかった。

テレビで彼女が「だって私にはこれしかない」と言ってたように、私も本気でそう信じてた。
痩せがなくなったら、どうなっちゃうの?って。
まるで生きる価値ゼロな気がして、惨めだなんて思いながらも、価値ゼロより惨めの方を選んでたんだろうね。

多分、あの頃に「一週間後にあなたは死ぬ」と宣言されても、痩せを手放すことはできなかったと思う。
(急にすべてを手放すのはいずれにしても無理な話で、ゆっくり回復していくしかないんだけどね)

でも、今もし「一週間後にあなたは死ぬ」と宣言されれば、私は今すぐに職場を出て、家からスーツケースを引っ張り出して、貯金を全額引き出して、世界中の行きたかった国へ行って、見たかったものを見て、タイムリミットの2日前くらいに帰ってくると思う。

「私にはこれしかない」っていうのは、そう思い込んでるからなんだよね。
本当はそんなことないのに。
命がある限り、人には無限の可能性がある。
やけくそで書いてみた小説が大ヒットするかもしれないし、試しに出かけてみた観光地で運命の出会いがあるかもしれないし。

無限の可能性が広がってるけど、一歩踏み出さなきゃ無いも同じなんだよね。
100%自分に向いている関心を、外に向けないと。
私もあの頃は自分にばかり関心がいってたから、映画とか本とか娯楽に対する興味をほとんど失ってた。
食べ物のことばっかり考えないように、無理やり他のことに関心を向けるようになってはじめて、「何かを楽しむ」っていう感覚を取り戻していったような気がする。

身体がある程度回復するまでは、とにかく食べ物のことが頭から離れないからね…。
でも、自分に「こんなこと終わりにしたい」という意志さえあれば、最後には回復することが絶対できるものなの。

あの頃は痩せを保つことで頭がいっぱいだったけど、それは確実に「死を近づける行為」なんだってこと、みんなに知ってほしい。
低体重や栄養失調で死ぬっていうのは単なる一例だよ。

脂質が一切入ってこないと体は生命維持のために自分で脂質を作ろうとするから、コレステロール値はどんどん高くなる。ガリガリでもね。
そしたら、起こってくるのが動脈硬化だったり、脳梗塞だったり。

身体は細胞でできていて、細胞に栄養が行きわたらないってことは、細胞が死んでいくことを意味するの。
見た目からじゃ分からないけど、身体は確実に老いていく。

そういうのに気づくのは、回復してしばらくたってからなんだよね。
だから、勇気を振り絞って治療に踏み切るのは早ければ早いほどいい。
スマホで認知バイアス訓練
2016年12月01日 (木) | 編集 |
昨日の記事で書いた「心と脳の白熱教室」(NHK特集)で紹介されてた「認知バイアス」をトレーニングするアプリを発見したよ!

「認知バイアス」って、簡単に言うと「物事をどう判断するか(ポジティブ寄りかネガティブ寄りか)という傾向」のこと。
…だと思う。私が講義の動画を観て理解した範囲では。

遺伝、育ってきた環境、ライフイベントなどなど様々な要因が絡んで人格が形成されているわけだけど、これが一度確立されてしまうともう絶対変えることができないっていうのは、どうやら過去の話になってきてるみたいだね。

人格の中で重要な特徴の一つが「ポジティブ思考かネガティブ思考か」で、うつ病とか精神疾患につながる要因の一つとされていて、「認知バイアス」がそういう傾向(ポジティブ寄りかネガティブ寄りか)を決めている。

例えばリンゴ1個をもらった時、「リンゴを1個ももらった」とポジティブにとらえるか、「リンゴを1個しかもらえなかった」とネガティブにとるか。
こういった認知って反射的にしてしまうクセのようなもので、時間はかかるけど、修正することはできるらしい。

講義で紹介された実験は、ポジティブな写真(花、美しい風景、笑顔など)とネガティブな写真(気持ち悪い系の虫、怒った顔など)を数秒間だけモニターに映して、その後でマーク(講義ではただ“マーク”と呼ばれていた気がする)が表示される。
映されたマークに気づいた時点でボタンを押してもらうっていうもの。

何が解るかっていうと、ネガティブな写真により注意を向けていた人はその場所にマークが映された場合により素早くマークに反応する。
つまり、2枚の写真が同時に表示されたとき、人は無意識のうちに自分の注意を関心の高い方に傾けているから、写真が消えた次の瞬間にマークが映されたとき、注意を向けていた側に出たらより早く反応できるってこと。

この「無意識のうちに注意・関心を傾けている」ってのがポイントで、これが「認知バイアス」が持つクセなんだって。
じゃあ、これをどうやって修正していくのか?

実験では、ポジティブな写真の側にいつもマークが表示されるようにして、何度もこのテストをするうちに自然とポジティブな写真のほうに注意を向けるように訓練して、成功してた。

こういう訓練を繰り返すうち、日常生活でもよりポジティブな物事のほうに注意・関心が向くようになっていくらしい。
でも、そんな訓練自分じゃできないよなー、と思いつつ、ダメ元でググッてみたら、なんと訓練用のアプリがあった!!

私がダウンロードして使ってみたのは「PsychMeUp」。
4~10人くらいの人の顔がランダムで表示されて、その中に1人だけ笑顔の人がいる。
笑顔の人を見つけてタップすれば、次の写真が表示されるっていう仕組み。

試してみる価値はあるかな、と思って。
ふと思い出した時にやってみようと思ってるよ。
あえて難癖をつけるとすれば、表示される写真のバックカラーが紫とか黄色とか原色系で、目が疲れそうなところかな(苦笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。