スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間の一週間だった…
2015年07月31日 (金) | 編集 |
彼が出張で留守だから、料理も手抜きで自分のペースで過ごせる~、なんて思っていたのは彼が実際に旅立つまでの話。
実際はポラリスが家で待ってるから直帰しなきゃいけないし、帰ったらポラリスの世話や洗濯etc.で時間が費やされていく…。あれ、普段と何も変わってなくない?!

冷蔵庫に材料はあったから、「お惣菜買っちゃおうかな~」と思っても結局は何か作って食べちゃうし(笑)、大して特別なことをする時間もなく日々は過ぎていったのだった…

職場のみんなは「ダンナがいないと料理しなくていいし、夜の時間を自由に使えるから嬉しい」っていう人が多いのに、私はあまりそんな風には感じれなかったな。
彼がいない分、食後の洗い物(彼が担当)やゴミ出し(彼が担当)も自分でしなきゃいけないし、洗濯干しも一人でしなきゃだし(いつもは彼も手伝う)、話し相手はポラリスだけだし(話すのは私だけ)、ベッドには一人だし。

ロンリー。
今日彼が帰ってくるのが嬉しい♪ポラリスはもっと嬉しいだろうなー。
彼のこと大好きだから(笑)

今週特別なことができなかった理由の一つは、明らかにクレジットカード悪用の件だけどね。
おかげで印鑑を作ることになったり、口座の名義変更しなきゃいけなくなったり。

彼はきっとお土産を買ってくるはずだから、それを楽しみに今日を乗り切ろうっと。


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
印鑑って高い(泣)
2015年07月30日 (木) | 編集 |
先日クレジットカードが悪用されてからというもの、カードを持ってないだけで妙に不安…。
今まで支払いはカードで済ませたからね。
スーパーも、デパートも。
新しいカードが届くまでは現金支払いだなと思って久しぶりにまとまったお金を財布に入れると、なんだか新鮮な感じ。
そもそも財布にあまりお金を入れなくなったのは、フランス旅行で財布ごと盗まれてから。

カード会社の対応は素早くて、カードは不正利用があったと分かって私(持ち主)の了解を得た時点で無効化。新しいカード発行用の書類を送るからと言われて、二日後くらいにはその書類が到着。
おー、早い!

早速書類に記入しようとよく見てみると、口座情報も記入とな?
そういえば、電話で「結婚して姓が変わったから、この機会に姓の変更もお願いします」なんて言ってしまったんだった。
近いうち変更手続きしようと思ってたところだったし。
姓が変わるってことは、当然登録している銀行の口座名も変わると考えて当然だよね。
忘れてたよ~。
口座?まだ変更してないし(笑)
変更手続きに必要な印鑑だってまだ作ってないよー…。

というわけで、一昨日は最寄の印鑑屋さんを回って値段比べ。
印鑑って高いのね(汗)
今まで使ってた印鑑は中学卒業の時にもらった記念品とお父さんから貰ったお古。
値段なんて知らなかったし。

昨日は比べた中で一番安くて早く仕上げてくれるお店に行って、注文してきたよ。
私の苗字はカタカナになったから既製品はなくて、オーダーして作ってもらうしかないの。
実印、銀行印、認印と三つ持つのが理想らしいけど、予算の問題上二つだけ作ることに。
実印と認印ね。
実印のほうはフルネーム入れてもらうことにしたよ♪
女性は名前だけで作ることが多いらしいけど(結婚して姓が変わったり…が理由らしい)、私の名前って定番だから同名がかなーりいると思うんだよね。
だからフルネームにした。

今日の仕事帰りに仕上がった印鑑を受け取って、明日のお昼休みは銀行で変更手続きだー。
忙しいな。
明日は彼が帰ってくるし。


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
タコス♪
2015年07月29日 (水) | 編集 |
私タコス大好きなの。
今では知らない人のほうが少ないかな?
メキシカンで、ひき肉をタコス独特の味付けに仕上げて、トルティーヤと野菜と一緒に食べるのが一番シンプルな食べ方だと思う。

メキシカンって枠組みだけど、実際のところメキシコが発祥なのかは知らない。
アメリカではタコスが至る所で売られていて、タコス専門のファーストフード店もマクドナルドと同じくらいよく見かけるよ。
タコベルっていって、そういえば日本にも最近上陸してきたね。
アメリカでは典型的なファーストフードなんだけど、新し物好きな日本人は数時間待ちの行列を作ったとか…。
たしか、池袋にあるんだったかな?

日本ではトルティーヤよりお米が主食だから、タコライスって形で広まったよね。
あの独特なタコスの香りが大好きなの♪

だから今、季節限定でタコス関連の商品が増えてて嬉しい!
たまに行くデパートの中にあるベーカリーでもタコスラップを売り始めたし、サブウェイとかファーストフードのお店でもタコスを売り出してるよね。

サブウェイでタコスを売り始めたとコマーシャルを見たときからずっと、いつかは食べると決めていたよ(笑)
彼が出張で留守な今がチャンス!
昨日仕事帰りにフラッとデパートに行って(本当は印鑑を下見するという理由あり)、ついにゲット♪

DSC_1130.jpg

久しぶりのサブウェイで要領を忘れちゃってた。
野菜って好きなように頼めるんだったね。
私は「少し多めでお願いします」って頼んだよ。

これがなかなかボリューミー。
思った以上にスパイシーで、途中からは口がヒリヒリ。ひき肉の味付けがかなり濃いのと、かけてもらったサルサソースがスパイシーなのとで、食べ終わった後もしばらくタコスの味が口の中から離れなかった(汗)
もうちょっと薄味のほうが万人受けすると思うけどなぁ。

今回タコスを売り出すってことでフラットブレッド(白くて平らなパン)が選べるようになってたね。
タコス食べたい人がいままでと同じ普通のパンを選ぶとは思えないな。
あ、サブウェイを知らない人のために…パンから具材までオーダーメイドできるサンドイッチのファーストフード店だよ。

フラットブレッド、もちもちして思った以上によかったよ♪
他のパンよりピザ生地に近いというか、これなら味付けが濃い具材が中に入ってても大丈夫かなって感じ。
気になった人、是非食べてみてね~。
一緒に口をヒリヒリさせよう(笑)


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
カードが不正利用されちゃった
2015年07月28日 (火) | 編集 |
いやー、驚きのハプニング。
昨日の朝「月曜ってダルいなー」なんて思いながら職場でPCに向かってたら、携帯に見知らぬ番号から着信が。
一瞬
「NHKか?!」って怯むも、番号はどうやら東京ナンバーじゃないらしい(NHKはいつも東京の市外局番。東京に住んでたからね)。
ちょっと前までNHKから電話がしつこくて困ってたんだよね。
今は彼と一緒に茨城に住んでて、支払いは彼がしてるっていうのに。

ともかく、NHK恐怖症の私は知らない番号から着信があったら必ずググッてからかけ直すようにしてるの。
ネットって便利で、番号を入力して検索すると大抵引っかかるんだよね。
電話番号の口コミサイトとかもあって、誰から「この番号は○○だ」ってクチコミを残してくれてる。便利~!

昨日も早速ググッてみると、なんとクレジットカード会社からだった。
すぐに頭に浮かんだのは、最近姓を変えたこと。
まさか敏感にそれを察知して「直ちに変更してください」なんて電話が来たのかな?と。
よく考えてみたら、カード作るときに登録した職場はとっくの昔に退職して、今は茨城で契約社員してるんだった…。
契約社員ってなると収入も少ないし、もしかしてもうカード持てなくなるかも?!

若干背中に汗をかきながら渋々電話をかけ直すと、愛想のいいオペレータさんから本人確認をされた後、衝撃の事実を告げられてしまった(汗)

「最近、○○で5万円程度の買い物をされましたか?」
「ん?○○で??いえ、してないですけど…」
「そうですか。実はどうやらクレジットカードが不正利用されているようです」
「は?…え?!」
「先程お伝えした支払いに引き続き、10万円、15万円、そして一旦金額を下げて5万円と、立て続けに決済がされようとしています」
「え~~~~?!?!?!」
「二回目の決済以降は当社のセキュリティに引っかかったため、一旦最終決済をこちらでお止めしております」

とりあえずすぐにカードは無効化してもらって、最初の買い物に関しては既に決済されちゃったってことで今後調査の上、お金が保障でカバーできるか検討されるらしい。
カードに保険があってよかった…。

それにしても、今回特に怖いと思ったのはカード裏面のセキュリティ番号まで使われていたってこと。
ネットショッピングで裏面の番号を入力するのってそんなに多くないから、限られた回数の中で番号が盗まれたってことになるよね。
一体いつ?!

家で同じネット環境を共有している彼にもすぐに事件の全容を伝えて、時間があるときに彼のクレジットの様子もチェックするように頼んだよ。
その後調べてどうやら問題なかったようで、一安心。
彼曰く、ネットショッピング中に盗まれた可能性もあれば、パソコン自体がウイルスなんかに感染して番号を盗られた可能性もあるとか。

いきなりパソコン使うのが怖くなったよ…。
もうそろそろ変え時かなぁと思っていたし、この際ポイしちゃおうかな…。
彼がそれなりにPC関係に詳しいから、ひとまず見てもらってそれでも心配なようだったらもうポイしよう。

皆さんもお気をつけて!
こういうのってよく耳にするとは思うけど、まさか時分の身に起こるなんて想像すらしない事が多いよね(汗)


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
しばらくは…
2015年07月27日 (月) | 編集 |
先日は柄にもなく(?)悩んじゃって、暖かいコメントをくれた人、ありがとう!
しばらくは日常の出来事を適当に投稿しながら、マイペースに細くブログを続けていこうかな、と思ってるよ。
しばらく様子見して、その後のことはまた改めて考えることにしよう。

先週末は暑くて暑くて、涼しいところへ避難!
デパートに行って本屋をブラブラしたりカフェで読書したり。
彼は仕事だったから、一人の時間を楽しんだよ♪

ポラリスは自宅でお留守番。
イタリアン・グレーハウンドは暑さに強くて助かってるの。
普通はこうはいかないよね。
犬のためにクーラーをつけっぱなしで仕事に行くって話を聞いたことがあるくらい、室内犬の多くは暑さが苦手だもん。
ポラリスは平気な顔して寝てるよ。

それなりに運動量が必要な犬だから、機会さえあればなるべく散歩するようにしてるし、余裕があれば一緒に走るようにしてるの。
先週末は猛烈に暑かったけど、朝一緒に走って、いつもの量の半分~4分の1の距離しか走らなかったのにハアハアと息が荒くなるポラリス。
そして、ポラリス以上にハアハアと息が荒い私(笑)

家に戻る頃には汗が滝のように出ていて、テレビで熱中症警報が出ている理由がよく分かるって感じ。
こうなるって分かっていても、ついついポラリスのために一緒に走ってあげたくなっちゃうんだよね。ポラリスは喜んでいるはずだけど、もしかしていい迷惑なのか?

ポラリスネタ繋がりで、最近の渾身の一枚をどうぞ。

DSC_1083.jpg

前にペットショップに行った時、カワイイ帽子があったから頭に乗せてみた。
ポラリスはキョトンとして、何が起こったのか理解していないみたいだったよ(笑)
そんな姿もかわいいよ~♪
悩んでます
2015年07月24日 (金) | 編集 |
記事名の通り、今悩んでるよ。
何って、ブログの記事ネタのこと。

これまで自分が書きたいことを中心に日々の出来事とかを入れつつ書いてきたけど、読んでくれてる人が本当に読みたい情報なのか確信が持てないまま書くこともしばしば。
私の日常に関しては余分な情報として(苦笑)、わざわざこのブログに来てくれる人が本当に読みたいのはどんな記事なんだろう?

そんなことを考えて、悩んでたりする。

ふと気になってチェックしてみると、ブログ開設してもう1年半以上も経ってたよ(汗)
そろそろ立ち止まって考えてみる時期なのかな?

ブログを閉鎖することは考えてないけど、どうせ書くならみんなが読みたい内容を書きたいとは常に思ってるよ。
アンケートでも貼ってみようかな?

この記事を読んで「こんなこと書いてほしい」というアイディアが頭に浮かんだ人、非公開コメントでもいいのでぜひ教えてね!

今日は湿度が高くて、朝から真夏な天気。
金曜日っていうのが救いだ~。
今さらかもしれないけど、梅雨ってどっかいっちゃったの?(世間知らずでゴメンなさい)


お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
「症状」となって出てくるまでのタイムラグ
2015年07月23日 (木) | 編集 |
タイムラグってもう日本語でもよく使うけど、意味は「時間のずれ、遅れ」。
病気の多くは実際に症状となって体に現れるまで(つまり自覚症状が出るまで)タイムラグがあるよね。
致命傷であればあるほど、このタイムラグによって命を左右することになる。

たとえばガン。
ガンってもともと自分の細胞が何らかの影響で増殖が止まらない「悪性」となって、最後には命を落としてしまう病気。
病気の原因はそうした細胞の変化や増殖だけど、症状として感じるのは「お腹痛い」「○○に違和感がある」「なんだかシコリがある」という感じ。
こうやって「症状」として自覚できる頃、体内ではガンが進行して手遅れになりつつあることがしばしば。

ちょっと深刻なケースを例にしてみた。
もっと身近なケースだと、風邪だってそう。
体がだるい、喉が痛いといった症状を感じる頃には、体内ではウイルスが繁殖して自分の免疫細胞とバトルが繰り広げられてる。

病気の原因が体内で悪さを始める瞬間や悪さを始めたばかりの頃、私たちはぜーんぜんそれに気づかずに、映画に夢中になってみたり親にムカついてみたり、いつもと変わらない日常を過ごしてる。

精神疾患も似たような傾向があって、病気の原因が心の中で生まれた瞬間や増殖し始めたばかりの頃、患者は気づかないことが多い。
精神疾患が厄介なのは、肉体的な病気と違って症状が必ずしも病気の原因とリンクしないってこと。
つまり、精神疾患の場合「動悸がする」「お腹が痛い」「冷や汗が止まらない」といった症状が出ても、原因は心臓でもお腹でもない別のところにある。

肉体的な病気の場合、タイムラグ(時間のずれ、遅れ)があると命に関わることもあるよね。
じゃあ、精神的な病気の場合は?
私が思うに、タイムラグが長ければ長いほど「病気の原因」を特定するのが難しくなるんじゃないかと思う。

何で長々とタイムラグの話をするかっていうと、摂食障害の症状が現れ始める前から、その原因となるものは心の中で繁殖しているってことが言いたいの。
症状が現れ始めると、目の前の「食べられない」「食べ過ぎる」「痩せた」「太った」ばかりに気が捕らわれて、病気の原因を治療することが遅れがち。
まぁ確かに見た目に分かって自覚しやすい症状に意識が向いてしまうのは当たり前なんだよね。

症状にばっかり目を向けるんじゃなくて、タイムラグで気づくことができなかった「原因」部分をちょっとずつでいいから意識してみると、治療していく上で役立つと思うの。
難しいことだけどね(汗)
自分が苦しんでいるのは目の前の症状(食べ過ぎ、食べられないなど)であって、治したいのはそこなんだもんね。それ以外のことなんて考える余裕ないわ!っていうのはすごくよく分かる…。
ちょっとずつでいいから、自分の心と向き合って「何に苦痛を感じているのか」「本当に訴えたいことは何なのか」を考えてみると、回復への近道が見つかるかもしれない。


お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
籍入れたよ!
2015年07月22日 (水) | 編集 |
昨日は私と彼の出会った記念日。
プロポーズを受けたのが4月末で、その後どういう風に進めていこうかって話をした時、彼が「記念日に婚姻届出すってのはどう?」って言ってきて、「え?!7月ってすぐだよ?!大使館の手続きとか大丈夫かなぁ」っていう会話をしたのを覚えてる。

大使館に用意してもらう書類には時間がかかるって聞いてたから心配してたけど、案外スルッと書類が集まって、ついに昨日婚姻届を最寄の市役所に提出してきたよ♪♪

平日だったから二人とも午後休を取って、ランチはお互いの職場から車でちょっと走ったところにあるフレンチレストランで。
同僚に聞いたオススメレストランってだけあって、雰囲気もいいし美味しくてハッピー♪

朝はいつもすれ違いだから知らなかったけど、いつもはジーンズの彼が今日はスーツパンツを着ていた(驚)

ランチの後は市役所へ行って、そこでまさかの三時間待ちコース。
手続き自体は着いてすぐに始めることができたんだけど、書類提出後に待つ時間が二時間くらいあって(混んでた?)、結果的に三時間コースになってしまった(汗)

私、ついに苗字変えちゃった~♪
彼は最初反対していた感じだったけど、職場の人と色々話を聞いて考えを変えた部分もあるらしく、いつの間にか苗字変えてもOKってなってた(笑)
苗字変えることで色々手続きが必要になるのは私だけだってのにね。


お時間ある方、クリック宜しく!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
大腸カメラ検査の詳細報告
2015年07月21日 (火) | 編集 |
この三連休ちゃんと休んで、体力回復させたから検査の詳細報告を書くね。
なかなか珍しい(?)体験だし。

まず、検査当日に腸の洗浄剤で腸の中を空っぽにすると知っていたから、その作業をなるべく楽にするために三日前から消化のいいものだけの食事。
パンだのそうめんだの、いわゆる「腹持ちが悪い」ものばっかり食べて(汗)、野菜だの雑穀米だの肉だのは消化に悪い(お腹に長く残る)ってことで食べるのは避けたよ。

おかげでお腹が空いて空いて(笑)

そして挑んだ検査当日、朝起きるとまずは水を1杯半飲み、いざ腸洗浄剤をゴクゴク。
これは合計で2リットルもあって、病院からは「最低でも1リットルは飲んでください」と言われているもの。
でかでかと書かれた注意書きには「まれにアレルギー反応を起こす人もいるため、一人では飲まないで下さい。顔が青ざめる、じんましんが出る、顔がむくむなどの症状が出た場合には直ちに服用を止め、病院に連絡してください」なーんてあって、怖がりな私は超ビビリながらゴクゴク。

あまりにも怖かったから(笑)、彼にお願いして当日は飲み始めるところから彼が私の横に待機。
「ただの下剤なのに、何でそんなに怖がるのか僕にはよく分からないな~」って言いながらもちゃんと側に待機してくれる彼。
わざわざ休みを取ってくれて、感謝感謝。
おかげで三連休のうち二日は出勤するハメになってしまって、彼にはちょっと申し訳なかったな(汗)

腸洗浄剤は一気に飲むわけじゃなくて、指示では10~15分でコップ1杯を飲み干す感じで、ゆっくりと飲んでいけ、と。
今回飲んだ腸洗浄剤は「モビプレップ」といって比較的新しい薬剤らしく、噂ではこれまでのものより飲みやすいとか。
実際飲んだ感想としては、ちょっと塩味が効いた梅ジュース。
吐きそうになるってこともなく、順調にコップ4杯目に突入したところでトイレに行きたくなってきた。

ネットでモビプレップはお水を合間に飲むとよく反応すると読んでたから、3杯目に行く前にコップ1杯のお水をゴクリ。
噂は本当で、4杯目に入って間もなくトイレ行きたくなったよ。
それからはトイレとお友達状態。
合計すると12~13回くらいトイレにいって、最後の4回くらいは透明な水状態の便。

便が透明な水状態になったら薬剤を飲むのをストップできて、私の場合は1リットル飲み終える前に便は透明に!三日前から消化のいい物しか食べなかった成果!
でも彼が「1リットルは飲むようにって言われてるでしょ!」と言って、私は嫌々1リットル服用。

この段階ではまだ元気で、検査は午後三時からだったし、「映画観て時間を潰そう」ってことになって映画鑑賞。「300」なる過激な映画を観て空腹をごまかし(笑)、感謝を込めて彼の昼食を料理して(私はもちろん眺めるだけ)、二時過ぎに病院へ向かって出発。

病院では予定時間20分後くらいに名前を呼ばれて、検査室へ。
検査受付に行く前に買っておいた検査用パンツ(お尻に穴が空いている紙パンツ)をはいて、その上に病衣を着て、検査台に案内された。

ネットで読んだ“腸の動きを止める注射”もなければ、“鎮静剤”もない…
なーんにもないまま、「はい、横になって~」
麻酔しないんだなーって思いながら、自分の大腸の中をモニターで見つつカメラはぐいぐい中に入っていく。
途中痛い(というより、苦しい?)部分もあって「うーっ」とこぼしてしまう時もあったけど、無事に盲腸までカメラが侵入。
後はカメラを抜きながら細部を細かくチェックしていって、「健康そのものですね!」「うん、何の問題もありませんね!」を連呼されながらカメラが抜かれていく…。

今回造影剤CTで異常なしと言われたのにカメラを希望したせいか、先生が「しっかりモニター見て、自分が健康なんだってことを認識しましょうね。健康だと自信を持てば、ちょっとどこか痛くなったくらいじゃ動揺しなくなりますから。人生変わりますよ。健康に自信がないと不幸だからね」とお説教。
でも、確かにその通りだよね。
自分の健康に自信を持たなくちゃ。

この期に及んで腹痛の原因を聞く気にはなれなくて(そもそも原因なんてあるの?)、問題なしってことで検査終了。
追加の診察も特に無くて、これで全部終了。
先生、ワガママ聞いてくれてありがとね!

検査が終わって、ポリープ切除とかをしなかった私はすぐに食事ができる状態だったから、帰りに即スーパーに寄ってパンを購入。
胃も腸も空っぽだからいきなりガッツリ食べるのは避けたほうがいいからね。
終わってみるとドッと疲れが出てきて、その後二日間はぐったりだったよ。

検査って大変!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
大腸カメラの結果
2015年07月18日 (土) | 編集 |
とりあえず結論から。
「異常なし、健康そのもの」だった!!

じゃあたまに襲う腹痛は何なのか?っていう疑問が残るのは置いといて、大腸に問題ないってことで安心。
一日の様子を詳しく書きたいところなんだけど、なんだかすごく疲れてるみたいで全然力が出ないから、今週末はガーッと休んで来週に詳細を報告するね。

健康そのものとお墨付きをもらったのに、謎にフラフラな私でした(笑)


「空腹感」はどこからくる?2
2015年07月16日 (木) | 編集 |
前回書いた「空腹感」はどこからくる?の続き。
前回は「体内の血糖値が下がると脳が空腹信号を出す」と書いたよね。
そして、空腹信号が無視された時は、肝臓に蓄えておいた糖分(グリコーゲン)を少しずつ分解して、糖分として再利用する、とも書いたよ。

でも、肝臓に蓄えられる量は決まっていて、5時間もすれば無くなっちゃう。
じゃあその後はどうなるのか?

なんと、今度は筋肉に蓄えられてる脂肪組織(中性脂肪)が分解されてエネルギーとして消費され始める。
これが要するに脂肪が燃えていくってこと。
運動で脂肪燃焼できるのは、運動して体温が上がるとあるホルモンが活性化されて、この脂肪組織(中性脂肪)の分解が始まるから。

実を言うと、肝臓に蓄えられた量を使い切ってしまう前にこの脂肪組織(中性脂肪)の分解は始まるの。肝臓の中の糖分が空になると死んじゃうからね。

ここまでをまとめると、つまり空腹を感じても何も食べ物が入ってこないと、体は勝手に自らを削って生命活動を維持しようとする。
最初は一番大きな倉庫から、それが少なくなってくると別の小さな倉庫から、そんな感じで。
で、いざ食べ物が入ってくると、当然のように「そもそも体に必要だった量+使ってしまった貯蓄分」を補おうとするわけ。

じゃあ、脂肪組織が分解される状態になってもなお食べ物が入ってこないとどうなるのか?
今度は体内にあるアミノ酸(ブドウ糖に変換できるもの)をエネルギーとして消費し始める。
つまり、やっぱり体の何かを削ってエネルギーに変換してしまう。
この段階までくると、筋肉自体が減少し始める。

なんだか体全体が貯蓄場所みたいだけど、それは正しいような正しくないような…。
つまり身を削っているってことだよね。
それも、あちこちから少しずつ。
肝臓の貯蓄がゼロになると命が危ないから、ゼロになる前に別のところから。
それは脂肪組織も一緒で、ゼロになる前に別のところから。

何か一つだけ(例えば糖や脂肪)をゼロにして、それ以外で生きていけるかというと、そうじゃないんだよね。

これらをプロセスを通った後、いわゆる「飢餓状態」へと突入するの。
といってもこの流れに明確なラインなんてなくて、繋がってる感じ。

私も摂食障害ド真ん中の時は「空腹感」を悪魔か鬼かのように軽蔑して毛嫌いしていたけれど、生きるために必要で、感じること自体が重要な生命維持活動。
生きている限り、「空腹感」を感じない人はいないし、それを生活から取り除くこともできない。

そもそも空腹感自体は“気持ちいい感覚”じゃなくて、どちらかというと“不快な感覚”。
人間の赤ちゃんは最初「快・不快」しか感じることができなくて、空腹になると不快だから泣くよね。
だから、「空腹になるのは嫌」っていう感情はいたって普通の感覚なの。



お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
「空腹感」はどこからくる?
2015年07月15日 (水) | 編集 |
「あぁ、お腹空いた…」
と思った時にはすでに結構お腹が空いている状態ってことも多い空腹。
過食期の頃はなんだか四六時中お腹空いてる気がしてずっとソワソワ、そんな空腹感は一体どこから来るのか?
特に過食期なんていっぱい詰め込むわけだし、肉体的に食べ物が今すぐ必要な状況じゃないはずなのに、なんで?

そんな疑問がずっとあって、実際に調べてみたのは過食期から脱出して偏食もかなり少なくなってきた頃だったり(意味なし)。

前に「医療知識」カテゴリの「過食中に幻想を見る?」や「異常な食欲の原因遺伝子」なんかでちょこっと書いた気がするけど、空腹感には2タイプあるよ。

・肉体的な空腹感(生理現象)
・精神的な空腹感

今日は「肉体的な空腹感(生理現象)」について。

現代では一日三食が基本だよね。昔は一日二食だった時代もあるけど、人間の歴史的には割りと早い段階で一日三食が定着してるみたい。
意外なのは日本のほうがヨーロッパより早く三食が定着したってところ。

いつの間にか定着した一日三食のスタイルが人間の生理的サイクルにはとても合っていて、一食でも抜くと体調に影響が出始めるの。
ズバリ結論から先に書くと、「体内の血糖値が下がると空腹を感じる」。

じゃあ、それってどういうことなのか?
私たちが食事をすると、栄養や糖分などを胃や腸で吸収するわけだけど、血中には糖分が溶け出してエネルギーとして使われるの。数日前に記事で書いた、いわゆる「即エネルギー変換されやすい栄養素」だね。
どんなに「砂糖や炭水化物は一切摂らない!」という人でも、血中には必ずこの「糖分(グルコース)」がある。全然糖分を摂らないのに血中に糖分があるなんて?と思うかもしれないけど、糖分はいろーんな所にあって、野菜にだって糖質が含まれているもの。
血中の糖分がゼロになったら死んじゃうからね(これはまた今度書こう)。

人間は生きている限り息もするし心臓も動かすし、無意識の間に体内の細胞は一生懸命働いていて、エネルギーを常に消費してる。
だから食事をして血中に糖分(グルコース)が溜まっても、溜まった端から徐々に消費されていく。この糖分(グルコース)が溜まった状態が「血糖値が上昇」、徐々に消費されていくと「血糖値が徐々に下がる」。
血中の中の糖分が徐々に無くなっていくから、血糖値が下がっていく、というわけ。

血糖値が一定レベルまで下がると、つまり血中の糖分(グルコース)が一定レベルまで無くなると、脳が「そろそろ糖分(グルコース)を補給しないとね~」と判断して「空腹」の信号を出す。
するとその信号を察知した私たちは「お腹空いてきたな」となるの。
空腹信号が出される時は糖分(グルコース)がそれなりに減った状態なわけだし、何かに集中してて信号に気づくのが遅かったりすると、気づいた時点で「結構お腹空いてたんじゃん」となったりする。

じゃあ、この空腹信号を無視したらどうなるのか?
現代社会に生きる私たちには仕事や学校があって、ちょっとくらいお腹空いたからってすぐに食事ができるとは限らないよね。
それははるか昔、人間が洞窟に住んで狩をしていた時も同じで、いや、むしろ状態はもっと酷く、お腹空いたからってすぐに獲物が捕まるほど簡単な世の中じゃなかった。
でもそのまま何もしないとどんどん血中の糖分(グルコース)が減っていって死んじゃう!!
そこで身に付けたのが、「栄養を蓄えておく」機能。
食事をして血中に糖分が流れ込んできた時、もしもの時のためにいくらか肝臓に貯めておく。グリコーゲンという成分に変えて。

糖分(グルコース)がいる~、なのにいくら信号送っても食べ物が口から入ってこない~、バカやろう!
そんな時、肝臓に蓄えておいた糖質(グリコーゲン)を分解し始め、糖分に変えて消費しはじめるの。
すごい、体って想像以上に賢い!
ただ、貯蓄できる量は限りがあって、5時間もすれば使い果たされてしまう…。


なかなかイメージしにくい部分もあったかな?(汗)
つまり、血中の糖分(グルコース)が減れば空腹は必ずやってくる、ということ。
だからよく「血糖値をコントロールして上手にダイエットしましょう」なんて言われるの。
これがなかなか難しいところなんだけどね。
血糖値にしろ体重にしろ数字で表せちゃうから、簡単にコントロールできるように見えちゃうけど…実際は色んな要素が絡み合ってその数字になっているわけで、何か一つを(例えば食事)コントロールしたからってすぐに数字が動かせるわけじゃないんだよね。


記事を書いていると、私にも勉強になる。
もし「これについて書いて欲しい」「こういう疑問がずっとある」などなど、いつか書いてほしい内容があったらコメントに書いてみてね。
書けるときに書いてみるようにするよ♪


お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
大腸カメラって大変
2015年07月14日 (火) | 編集 |
今週の金曜日、いよいよ大腸カメラ。
先生に嫌味を言われながらも「やります」って言っておいて、いざ近くなってくると不安になってくる私(笑)
胃カメラは今まで二回飲んだことがあって、カメラが体の中に入ってくるってのは体験済みなんだけどね…(汗)

大腸カメラの大変なところは、当日に腸管洗浄剤を少なくとも1リットルは飲まなきゃいけないってこと。
これが人によって意見がまちまちで、「全然平気だった」って人もいれば「飲みにくくて、これを飲むのが検査の山場だった」って人も。中には「始終吐き気がして、とにかく拷問だった」って意見まで…(怖)

私飲んだことないから分からないんだよね。
味はよく「ポカリスエットの塩味がキツイ感じ」って例えられてるみたい。ポカリスエットは好きなほうだけど…。

この腸管洗浄剤の役目はただ一つ。
腸内のものを全て流して、腸を空っぽにするってこと。
じゃなきゃカメラを入れてもよく見えないらしい。腸内が汚れていれば汚れているほど、中を洗浄しながらカメラを入れていったりガスを入れて膨らませてみたり、とにかく大事になるとか。
だから便が透明な色になるまでは腸管洗浄剤を飲み続けないといけない。

ギャー。
話聞いただけでも無理なんですけど(汗)
※一応自分から大腸カメラ希望してます

ネットで体験談を読んでみると、どうやら「事前準備」次第でどの程度この腸管洗浄剤を飲まなきゃいけないかが決まるんだって。
繊維質の多い食事や消化の悪いものを直前まで食べてると、ガブガブ飲んでもなかなかきれいにならなくて、たーくさん腸管洗浄剤を飲むことに…。
で、上手くいった皆さんが実践してたのが、2~3日前から消化にいいもの中心の食事。
それを読んだ私ももちろん実践。

金曜日まで今日を含めてあと三日。
検査までは消化がいいもの食べるぞー。
で、昨日猛暑の部屋で用意したのは野菜を柔らかく煮込んだスープ。野菜炒めとか大好きだけど、それはおあずけ。スープで頑張る。
で、ご飯じゃなくてパンかそうめんで乗り切る作戦。
今日のランチにはチキンサンドと野菜スープを持ってきた。
知らなかったけど鶏肉って肉類の中では消化がいいほうらしい。脂肪分が少ない部位は特に消化がいいらしいから、とりあえずササミをサンドしてみたよ。

お菓子も腸内に残って苦しい思いをするハメになるらしいから、検査終了まではチョコもダメ(涙)
大腸カメラやってる病院のサイトを何件か見て「消化にいい食品・悪い食品」の例を比べてみると、結構違う…。
病院Aではヨーグルトはダメって書いてあるのに、病院BではヨーグルトOKとか。
検査直前は水しか飲んじゃダメってところもあれば、透明なスポーツ飲料ならOKってところも。
水とスポーツ飲料じゃ全然違うよ?
当日は検査(午後三時から)まで何も食べれないし薬でお腹のもの全部出すんだから、水だけだと糖分足りなくてフラフラすると思うんだけど?

ちなみに私の病院は「水以外ダメ」タイプ。
うーん。他の病院では「OK」ってところもあるし、フラフラで死にそうになったらスポーツ飲料飲もう。

頑張りまーす。


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
「愛している」と言って苦しんでいるのはなぜ?
2015年07月13日 (月) | 編集 |
今日の記事のタイトルは私が考え出したわけじゃなくて、先週末に行ったヨガのクラスで先生が読んでくれた本の一節。
このヨガクラスはどうやら単にヨガのポーズをとっていくだけじゃなくて、精神面からのアプローチもあるらしい。

色々ある中でこのヨガクラスに決めたのは価格が良心的ってところと、「深いリラクゼーション効果」っていう広告文句に惹かれたの。
最初に呼吸法と「お休みのポーズ」(床に寝るだけ…)をやって、それだけでもかなりリラックス。
呼吸法は難しくて、慣れるまでには時間がかかりそう。
ちょっと呼吸法を変えるだけで全身に酸素が行き渡っていくのを感じて、最初ちょっとフラフラなってしまった(苦笑)
普段どれだけ浅い呼吸してるんだ、私。

それから徐々にヨガのポーズをとっていって、意識するのは呼吸法。
体が固くて上手くいかない人も、ちょっと呼吸法に意識するだけで体の伸びが全然違う。
これ、本当!
私はそれなりに運動もするしストレッチもするし、開脚して胸を床にけっこう近づけることもできるから柔らかいほうだと思っていたけど、実はかーなり固かった(汗)
呼吸法に気をつけながらヨガクラスで体を伸ばして、今日は筋肉痛になるほど…普段は使ってないところなんだなぁと実感中。

で、そのクラスの最後にやるのが、先生が持ってきた本の朗読。
小さい本の1ページ分もない程度だから、朗読といっても1分程度。
初めて参加したヨガクラスで、そんなことがあるとも思っていなかった私が、初っ端からいきなりメモを取りたくなるほどいい一節を聞くことになるとは。

思わず帰りがけに先生に「読んでいただいた本のページを写メで撮らせて下さい」とお願いしちゃった。
その内容はこんな感じ↓

-----------------------------------------------------

「愛している」と言って苦しんでいるのはなぜ?


インドの思想家、スワミ・ヴィヴェカーナンダは、「愛の叡智」という書物の中で、愛について語っています。

愛は一個の三角形にたとえられる。
三角形の第一の形は「愛は取引を知らない」、第二は「愛は恐れを知らない」、第三は「愛は競争を知らない」

------------------------------------------------------

本当は写真に撮ったところ全部引用したいんだけど、著作権とかあるし、スワミ・ヴィヴェカーナンダさんの言葉の部分なら名前出てるから引用してもいっか、ということで。
この後に続く文章の内容を簡単にいうと、

「愛する」ということは相手の幸せを考えることで、自分の自己中心的な束縛を相手に与えるものではない。相手を束縛し、相手の自由を許さず、相手が自分のために存在することを求めることは、もはや「愛」ではなく「自己愛」であって、単に相手に「執着」しているだけに過ぎない。

そんな感じの内容。
はー、私の十代~二十代前半の恋愛って、まさに「執着」だったと思ってしまった。
私の摂食障害のきっかけの一つは「愛」だったと思っているから、この手の話には反応してしまう。



お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
流れを変えるアクションを起こす
2015年07月10日 (金) | 編集 |
「このままじゃいけないのに…」
「変わらなきゃいけないのに…」
そう思いながらダラダラと現状のまま過ごしてしまうってこと、私の場合は実はあまりなかったの。一つを除いて。

私ってどちらかというと常に刺激(?)を求めてて、変化を求めるタイプみたい。
現状のままずっと安定して物事が続いていくとなんだか退屈になってきちゃって、自分から何か別のことを始めてみたり。

何においてもそんな感じだったけど、それが特に目立ってたのは恋愛関係。
ずっと同じ彼氏と何事もなく時が流れていくとだんだん退屈になってきて、新たな刺激を求めて彼から離れていってたな。
だから若い頃は持って三ヶ月。「魔の三ヶ月」っていう言葉が私の知り合いの間ではよく言われていて、彼女たちもみんなそんな感じで「同じ彼とは持って三ヶ月」だった(苦笑)
あ、今はもちろんそんなことなくて、ちゃんと結婚することもできそうだよ(笑)

恋愛以外もそんな感じで、「あれをやってみよう」で数ヶ月(時にはもっと短い)ハマッて、飽きる頃にまた別の何かを探して…
典型的な飽きが早い人間?!

因みに私の妹は性格が全然違って、「このままじゃいけないのに…」と思いながらもどうしたらいいかわからず、その場で足踏みする…どころか、「どうしたらいいか分からない自分」にがっかりして落ち込むタイプ。
そして言うセリフは「どうしたらいいか分からない…」

いつも妹の「どうしたら――」っていうセリフを聞けばイラッとしてた私がなんと同じセリフを呟くしかなかったのが、過食期。
この時ばっかりは理性とか関係なく暴走する過食に毎日「このままじゃいけないのに…」と自分を責めて、「どうしたらいいか分からない…」と毎日呟いてたよ。

こんな風に変化を求めているのに自分じゃ何もできないって時、どうすれば現状維持から脱出できるのか?
それはほんのちょっとしたアクションがきっかけになったりするの。

摂食障害にはゼロか100かの考えを持った患者が多いって話はよく聞くんじゃないかと思うけど、こういった考え方の人が「このままじゃいけないのに…」と思う時、イメージするのは「現状から完全に脱出する自分」。
どうやって現状に変化を起こそうかって事すら分かってない状態で、イメージするのは変化を起こすどころか「完全に現状から解放された自分」なの。
それってハードル高いよね。
いきなり難易度が高いハードルを目の前にすると、それだけで怖気づいちゃうよ。

「こんなことしたって全然変わりないかもしれないのに」っていう小さな変化からチャレンジしてみることが、意外と近道だったりするの。
それ自体には大した効果はなくても、次のステップに進む勇気に繋がったり…。

一番最近私が目の当たりにしたのは、自分の体調不良。
ブログでは「胃の調子が悪くて眠れなかった」「寝つきが悪くて眠れなかった」しか書いてなかったかもしれないけど、実は最近たまに食道痙攣で悩んじゃってて。
ストレス性だと理解は出来ても、何がストレスか全然分からない。
考えればあれもこれもストレスになってる気がするし(笑)

寝れない、痙攣が気持ち悪い、なーんてことばっかり考えてても痙攣するときは痙攣するし、「また痙攣になったらどうしよう」って心配になって痙攣なんて起きてないのに眠れなかったり…「どうしたらいいか分からない」状態だったの。
一通り悩んだ後は「今すぐにきれいさっぱり痙攣とオサラバしようなんて無理な話なのかも」と開き直ることにして、眠れなければ本を読んだり音楽聴いたり。
あれこれ試して、まだ打開策を模索中。

で、作戦の一つとして明日ヨガの体験に行ってくる♪
今まで挑戦したことがないことに自分一人で飛び込んでいくって勇気いるけどね。
何がきっかけで現状が克服できるか分からないじゃん?


お時間ある方、クリックよろしく!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
リラックスしてても寝れない夜だって…
2015年07月08日 (水) | 編集 |
昨日は彼が仕事で遅くまで帰らないと分かっていた日。
「遅くまで」っていうのが本当に遅くて、夜中の12時を越えることは間違いないってことだったの。

先日圧力鍋で作ったカレーがまだ残ってるし、彼は職場近くで晩ご飯食べるって言うし、今夜はほぼ料理しなくていいぞ!って思った私は仕事帰りにレンタルショップへGO!
実は数週間前からの不調を立て直すために、ストレス発散として漫画を借りているの。

私は映画と同じほど漫画が大好きで、もう十代の頃からストレス発散といえば映画鑑賞か漫画や小説の読書。
職場近くのレンタルショップは漫画のレンタルもしてて、私にとってはオアシス♪

いろんなジャンルの漫画を読むから気になったタイトルとか表紙絵だけで漫画を手にしがちなんだけど、今回はレンタルショップがやってた「漫画大賞コーナー」なる棚から選んでみた。
一週間に一回ペースで借りてて、もう10冊以上は読んだなー。

・累 ─かさね─
・東京喰種
・魔法使いの嫁
・僕だけがいない街

他にも少女漫画を何冊か読んだけど、タイトル忘れちゃった。
東京喰種だけで14冊はあったし、結構読んだな~!
「僕だけがいない街」は5巻までレンタルショップに置いてあって、どうしても続きが気になったから6巻を買ってしまった(苦笑)

で、昨日は料理の代わりに漫画を読んで過ごしたわけだけど、その後でベッドに入ってもなかなか寝付けない…。
漫画はどれも楽しかったし、仕事だってそんなにストレスかかるようなことなかったし、今夜はゆっくりできる時間が多かった分リラックスできてるはずなのに何故?!

そんなことを思いつつ、フッと寝てはまたフッと目が覚めて…なんてことを繰り返しながら朝を迎えてしまった…。
もちろん、寝た感覚あまりナシ。
朝から超疲れてるんですけど(涙)

元気が出ないから、ポラリスの写真でもたまに眺めながら今日を乗り切ろう…。

1436141229012.jpg

糖質vs脂質の実験
2015年07月07日 (火) | 編集 |
昨日の記事に引き続き、糖質と脂質関連について。
昨日の記事では「糖質はエネルギー変換されやすい成分、だけど過剰摂取は蓄積されて体脂肪となる」っていうことを主に書いたよ。

さて、こんな面白い実験を紹介しようと思って。
ある大学生を対象に行われた実験で、二週間毎日ある物を飲むよう指示。

それは、オリーブオイル100cc

二週間後に体重測定+体脂肪率測定を行ってみると、体重・体脂肪率ともにほとんど増えていなかった、という結果。

これは実験の一例で、どうやらこんな感じの実験は各国で色々と行われているようなの。
いずれの場合もその結果から分かってきたのは、「食べ物由来の脂質の80%以上が体脂肪にはならず、排出されるか細胞やホルモンの原料になる」ってこと。
普通の摂取量で、って話だけどね。

体脂肪と聞くと脂質(肉、油、魚、ナッツなど)を思い浮かべる人も多いと思うけど、普通の量を食べる分には、実は想像以上に脂質だけでは体脂肪になりにくいってことが分かってきてる。

例えば、

イカ 100kcal
バター 100kcal
コーラ 100kcal

この三つはいずれも100kcalだけど、この中で一番体脂肪になりやすいのはコーラ100kcalと言われているの。
理由は、イカはほぼタンパク質、バターはほぼ脂質、コーラはほぼ糖質ってこと。
同じカロリーでもその食べ物の成分によって体脂肪になるかどうかの結果は全然違うんだね。
昔の私だったら絶対バター100kcalと思っちゃうだろうなー。
今だって、目の前にこの三つが置かれたなら、一番食べるのを遠慮したいのはバターかもしれない…。

脂質を普通に摂るだけなら体脂肪になりにくいとなると、「糖質制限」が成り立つのも分かるよね。
糖質制限って要するに糖質さえ制限すれば、後のタンパク質や脂質はカロリーに関係なく満足するまで食べたってOKっていう食事制限方法。
これを推奨する人が沢山いるのは知ってるけど、摂食障害の経験がある人にとってはある意味危険な方法かもしれない。
理由はまた別の機会に話すけど、簡単に言うと摂食障害になりやすい人って「やりすぎちゃう」傾向にあるからね(汗)
糖質制限ダイエットしてる人のほとんどが、糖質ゼロにまでは制限しないの。危険だから。
それをゼロまでもっていっちゃうのが摂食障害タイプの人間。

昨日と今日の記事で伝えたかったのは、「脂質は悪じゃない」ってこと。
怖くて脂質(肉、魚、バター類など)がなかなか食べられないっていう人の背中をちょっとでも押すことができたらな、と思って書いた記事だよ。

そして、糖質を悪者にしたいわけでもないの。
糖質がないと体が上手く機能しなくなっちゃうから。
いくら糖質制限している人だってちゃんと必要な量は糖質を摂るほど、必須栄養素なの。


お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
糖分の過剰摂取で体脂肪が増えるわけ
2015年07月06日 (月) | 編集 |
“体脂肪”と聞けば、脂っこいバターやお肉なんかが深く関係してそうなイメージだよね。
私は自分が摂食障害だと理解せずにどんどん痩せていった時期、そんなイメージだけで動物性脂質があるものを極端に避けたりしてた。

でもよくよく調べてみると、焼肉やグリルチキンなんかよりも砂糖たっぷりのお菓子のほうが体脂肪を作りやすいってことが分かったの。
そんな事実が判明したのも回復に向けて闘病していく中で色々と調べ物をした結果だけどね(汗)

そもそも、どうして人は糖分に惹かれるのか?
それはもちろん糖分がないと生きていけないからなんだけど、じゃあ何故糖分がないと生きていけないかというと、それがエネルギーに即変換されるから。

そう、糖分って実はエネルギーに変換されやすいから、本来であれば真っ先にエネルギーとして燃焼しれくれるべき存在。
意外でしょ?

だから定期的に摂取する必要があって、どの国でもいわゆる「主食」の一つに必ず炭水化物(お米、パン、じゃがいも、コーンなど)があるわけ。
どんなに肉を沢山食べる国でも、肉ばっかりで生きてるわけじゃなくて無意識に炭水化物を摂ってるもの。

必須栄養素の糖分がどうやって体脂肪として蓄えられてしまうのか?
それは、糖分を「必要以上に摂取してしまった時」に起こるの。
その仕組みはこんな感じ。

①糖分(炭水化物やその他糖分)を摂取
 
②血糖値の急上昇→血液がドロドロになり始める

③血液ドロドロが原因で動脈硬化になるのを防ぐためにインシュリンが発動

④インシュリンが血液中の糖を必死で取り除く(使われない糖を別の場所に一時保存)

いくら糖がすぐにエネルギー変換されるからといって、過剰摂取してしまうと血中に糖が余ってしまう。
そのまま血中で放置しとくとどんどん血液がドロドロになっていって動脈硬化になっちゃうから、インシュリンがそれを防ぐために活動して、血中の余分な糖分を別の場所へ蓄えちゃうの。
これが体脂肪となって蓄積される。
これはいざ糖分が全く体に入ってこなくなった時のための非常用も兼ねていて、栄養不足の状態で糖分を過剰摂取すると健康体より体脂肪を溜め込みやすい理由の一つ。
「いざという時のために、今のうちに取っとけ~」ってことね。

ちなみに糖尿病ってどういうことかっていうと、常に血液中の糖分が高くて、糖を排除するインシュリンの働きが間に合わない状態。
つまり、血中がどんどんドロドロになっていっちゃう。
糖尿病が進行するとインシュリンの機能がさらに低下して(働きすぎ?)、いよいよ血中に糖が溜まりやすくなる。それじゃ危ないから、重度の糖尿病患者は定期的にインシュリンの注射をする必要があるってこと。

さて、ここで何が言いたかったかというと、「どんなに食事制限をしていても、食べた後の帳消し行動をしたとしても、その反動で糖分の過剰摂取をしてしまえば体脂肪はおのずと増えていく」ってこと。
そのスピードは人によって違うけどね。
拒食状態で明らかにカロリーが足りない人の場合、過剰摂取しても体脂肪になるってところまではいかないかもしれない。とにかくエネルギーが必要な状態だから、きっとエネルギーに変換されちゃうんだろうね。

さらにポイントは、「栄養不足であればあるほど、日ごろ炭水化物の摂取を控えていれば控えているほど、糖分を過剰摂取したときにインシュリンが糖を蓄えようとする」ということ。

じゃあどうすれば体脂肪を蓄えずに糖分を摂ることができるのか?
ってのが気になるところだけど、答えは本当にシンプルで、「適度に摂る」なの。
体って本当に良く出来ていて、バランスを維持して心地よく生命活動を維持しようっていう働きが本能として備わってる。
不足気味だと「もっと必要!」って脳が信号を出して糖分を欲しがるし、過剰気味だとインシュリンが糖分を蓄えようとする。
つまり、適度がちょうどいい。

「私、しばらく拒食の状態で栄養不足だから、きっと炭水化物を食べ始めたらすぐに体脂肪として蓄えられちゃいそう。怖くて食べられない!」
という方。
要は、過剰摂取しなければ心配しなくて大丈夫。
エネルギーが必要な状態だと多少過剰摂取してもOKなくらいだけど、それはクセになっちゃうから始めから「適度に」を意識していたほうがいいよね。

過剰に摂ると蓄積されちゃう糖分だけど、即エネルギー変換されるのも糖分。
エネルギーがものすごく不足している時に真っ先に体が要求するのも糖分なの。
だから拒食の状態から食べ始めたばかりの頃は特に「もっと欲しい!」ってなっちゃう。それは普通のことなの。
ある程度はその欲求に答えながら、糖分以外の栄養素(たんぱく質、脂質など)も一緒に摂っていくことで、体は満足し始めて糖分に対する欲求は少しずつ減っていくよ。

~追伸~
公開していた私小説は出版社へ投稿する事情で一旦非公開にしました。


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
一品増やす工夫(拒食状態から食べる努力を始める時)
2015年07月03日 (金) | 編集 |
私が拒食状態から食べる努力を始めた時、唯一食べていたものは生野菜、クラッカー、納豆、ヨーグルトぐらいだったなぁ。
その状態がずっと続いていたわけじゃなくて、だんだん食べる量が少なくなっていって、最終的に生野菜とクラッカーになった感じ。
記憶力が極端に悪くなってる時期で、正直何ヶ月くらいその状態を続けたのかは覚えてないの。
一応大学に行ってたけど…そんな状態じゃ勉強が頭に入ってるわけないな(汗)

さて、私が食べる努力を始めたきっかけは「入院」。
入院そのものじゃなくて、詳しく言えば入院前。
先生から「入院すれば一日1800カロリーの食事」って聞いてたから、ちょっとは食べる努力しとかないと入院して早々発狂しちゃうかもしれないと思ったんだよね。

でも、極度な拒食状態で食べる量を増やすのは至難の業。
勇気がいるっていうか、覚悟がいるっていうか、切腹する覚悟にも等しい「何か」がないとできなかった。
最初はそれくらいガッツがいるんだよね。
クラッカー一枚増やすのさえ。

とにかく少しでも量を増やそうと努力したわけだけど、当然上手くいくわけなく…
私の場合、「クラッカーは○枚まで」っていう感じで量をカッチリ決めてたから、それをいきなり崩すのはすごく抵抗があったの。
そこで挑戦してみたのが、一品増やすこと。

一品増やすほうが難しくない?っていう人もいるかもしれないね。
これは人によると思う。
私の場合、一品に対する絶対量(例えばクラッカー○枚、野菜○グラムなど)を増やすのはものすごい抵抗感があったけど、少ない量であれば一品プラスする分にはなんとかOKだった。
すんなりと一品増やせたわけじゃないけど、頑張れば可能だった。

最初に試したのは確かヨーグルトにフルーツを入れること。
一品に入るかは微妙なところだけど…
ブルーベリー、バナナ、みかんetc.を入れて食べたよ。

次に試したのがゴマ豆腐。
知ってる人いるかな?ゴマでできたお豆腐。これを一個の半分だけ、いつものメニューにプラスしたり。

何をプラスするにしても、最初から一個丸々が厳しい時は、半分だけプラスすると挑戦しやすいよ。
ゴマ豆腐、普通の豆腐、ヨーグルト、牛乳プリン、豆乳、豆乳プリン、フルーツなんかは比較的プラス食品として挑戦しやすいんじゃないかな。
それぞれに栄養もあるし。

「あれこれちょっとずつ手をつけて完食しないなんてみっともない」って思ってしまうかもしれないけど、私はそんなことないと思うの。
半分食べて残りは冷蔵庫に入れといて、また次の食事の時に残りの半分を食べたらいいんだから。

それはどんな物でもそう。
大体、「完食」っていうものに縛られすぎなんだよね、きっと。
別に完食しなくたっていいの。残ったら冷蔵庫にきちんと入れて保存しとけば次にまた食べられるし、全部食べるのが無理なら残したっていいじゃない?

完食するのが怖いからあれこれ手をつけて食べ散らかしちゃいます(特にお菓子)、っていう人も同じ。
それでも全然オッケーだと私は思う。
テーブルの上に食べ散らかしたままだと汚いから、残してしまった食べ物は保存袋に入れてどこかに片付けておけば、全然問題なし。

食べられないよりは、半分でも三分の一でもいいから食べて、残りは次の機会に食べたらいいんだから。


~追伸~
私の闘病過程を私小説にしたよ♪
掲載箇所は下記の二つ。
※どちらの投稿サイトも合計200円

パブー(小説投稿サイト)
http://p.booklog.jp/book/98748
※こちらのサイトは小説を一括ダウンロード可。

エブリスタ(小説投稿サイト)
http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23630345
※こちらのサイトは話数ごとに50円ずつで購入可



お時間ある方、クリックよろしく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
スズメちゃん、ダメだった
2015年07月02日 (木) | 編集 |
先週末からお世話してたスズメちゃん、昨日のお昼に死んじゃった。
頑張ってお世話したけど、難しかった。
昨日はいっぱい泣いたよ。

一昨日は夜中もエサをあげて2~3時間おきにエサあげてたから元気を取り戻したのに、昨日は夜グッスリ寝たから夜中エサをあげられず、朝起きたらかなり弱ってたの。
一晩だけでこんなに違うかって感じ…。

エサを口に入れてもなかなか飲み込めないほど弱ってて、無理にエサを入れられない状態。
ほんとはどんどん食べさせたかったけど、できないまま私は仕事。
車の中で待機させといて、2時間後にまた車に戻ってエサをあげようとしたけど、やっぱりなかなか飲み込まない…。
それどころか、いつもなら口を開けたままってことはほとんどないのに、口を数ミリくらいパカッと開けたまま、苦しそうに息してる。
なんか舌まで見えてるし。

これは厳しいかも、と思いながらエサをほんの少し口に入れて、今度はランチタイムに様子見。
箱の中で、ピーちゃんは冷たくなっていたよ。

すっごくあっという間。
一昨日は元気になってたのに、一日も経たないうちにみるみる容態が悪くなっちゃうなんて。

昨日は午後からお客さんが来るってのにランチタイムにわんわん泣いて、お化粧かなり落ちた状態で来客対応した私(汗)
もう疲れちゃって、早く帰りたいって感じだった。

生き物って難しいね。
ちょっと何かが上手くいかないだけで、こんなにもあっさり死んじゃうこともある。
難しい…。

ポラリスは今のところ大きな病気してなくて、元気ぴんぴんで良かった!
恵まれてるね。
やんちゃ過ぎて困ることも多いけど(苦笑)

今週はもう早く過ぎ去って週末になってほしい。


~追伸~
私の闘病過程を私小説にしたよ♪
掲載箇所は下記の二つ。
※どちらの投稿サイトも合計200円

パブー(小説投稿サイト)
http://p.booklog.jp/book/98748
※こちらのサイトは小説を一括ダウンロード可。

エブリスタ(小説投稿サイト)
http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=23630345
※こちらのサイトは話数ごとに50円ずつで購入可



お時間ある方、クリック宜しく!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。