スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPad買い替えを検討中
2015年01月29日 (木) | 編集 |
今iPad3を持ってるんだけど、買い替えを検討中。
考え出した理由は、実家にあるフォトパネル。
携帯電話を契約する時にそそのかされて(笑)、フォトパネルも一緒に契約してるの。
携帯代が安くなるとかなんとか…そんな感じで。

その契約が4月で更新月になるから、解約しようと思ってるんだけど…
解約すると、写真が送れなくなるな~と思って。
そそのかされて買ったわけだけど、買ったからには使わないと!と思って使ううち、印刷しなくてもネットで送ればすぐ見てもらえるのは便利だな~と思うようになって。

そこで思いついたのがiPad。
ちょうど薄いのが欲しかったし、私が新しいのを買って、今持っているiPad3を実家にあげるのはどうだろう?と。

さっそく調べてみると、ドコモで買えば本体代がアップルストアで買うより安く手に入りそう。
アップルストアだと欲しいモデルが5万は超えるけど、ドコモで買えば2万と少し。
昨日帰りにドコモショップに寄って確認してみると、今2台目として契約しているWifiルーターの「機種変更」として、iPadに切り替えができるらしい。

問題は分割払い中のWifi本体代がまだ残っている…
その額、1万円也。

計算は苦手だから、彼が帰ってきて一緒に色んなパターンで計算してみたんだけど…
例えば今のWifiルーターをキープしたまま、アップルストアでiPadを買うパターン、WifiルーターをiPadに機種変更するパターン、などなど。

どのパターンでも、同じくらいの金額になるのはなぜ?!?!笑
方法がおかしかったのかな。
アップルストアでiPadを買うパターンが一番高くつきそうなんだけどね。

昨日その確認のために寄ったドコモショップでiPadミニを手にとってみると、これがなかなか。
大は小を兼ねる!って思ってたけど、ミニでも十分かも?
ちょうど職場にiPadミニがあって(業務用)、試しに色々いじってみようと思う。

でも、不思議だわ~。
今まで持ってても開きすらしなかった時期もあるのに、新しいのに変えるとすっごく活用できそうな気持ちになっちゃうの(笑)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
摂食障害による痩せと診断される目安体重
2015年01月28日 (水) | 編集 |
今執筆している私小説で標準体重を私がネットで調べるシーンがあって、試しに同じことをしてみたらこんな情報を発見したので記事にするね。
私は摂食障害を発症して闘病を開始するまでの間、自分に異変が起こっていることをなんとなく感じながらも、ネットで標準体重やらBMIやら、食品のカロリー、消費カロリーなどなどをとにかく検索しまくって、必死に読んでいたなぁ。

一日の多くの時間をカロリー計算に使ったりね。

その時はこの情報を発見することはできなかったけど、もしこれを知っていれば、少なくとも今自分に何が起きようとしているのか、気づきやすかったかもしれないね。

摂食障害にもいろいろあって体重がほとんど変化しないままのタイプもあるから、この情報が全ての症状に当てはまるとは言えないんだけど…
一般的に、標準体重の80%以下になると、「摂食障害による痩せ」と診断されるのだとか。

これは健康に重大な影響を及ぼすレベルと考えられているよ。

<身長と平均体重、平均体重の80%>

身長……平均体重……平均体重の80%

(女性)
150cm……51.7kg……41.3kg
155cm……53.4kg……42.7kg
159.5……55kg ……44kg
165cm……56.8kg……45.4kg
170cm……58.6kg……46.8kg

(男性)
160cm……57.8kg……46.2kg
165cm……59.6kg……47.6kg
171cm……61.8kg……49.4kg
175cm……63.2kg……50.5kg
180cm……65kg ……52kg


ちなみに私は160cmだから、80%となると約44.5kgくらいなのかな?
確かに回復していく上で、自分の中では45kgは一つの大きなハードルだったから、この表を見ながら考えると「あの時は80%ギリギリを保とうと必死だったのかな」と思ったり。

ただ、これはあくまで「平均」であって、体重には個人差があるからね。
生まれつきの体格ってのがあるから、それに沿う形で上の数字も変わってくるんじゃないかな。
まぁあくまでも目安。

明らかに言えるのは、上の80%の体重以下だったら、摂食症状も止まってくれないし(回復過程の過食とか)、生理も回復しないよね。
そういう意味では、上の80%の体重は一つの闘病の目安となるんじゃないかな。
これ、最低限の目安って意味ね。

低体重で生命を維持するのがやっとだった状態から、いきなり標準体重を目指すなんてムリな話だし、そんなの抵抗感が爆発しちゃうよ。
闘病するのすら嫌になってしまう。

まずは○kgまで頑張ろう。
そこまできたら様子を見て、心があまり取り乱さなくなったらもう少し前進しよう。
そんな感じでちょっとずつ前進していくのが一番の近道。
ごく稀に「食べ始めたらみるみる回復して、生理もすぐに来た」って人もいるけど、それは稀だよ。

どんなに色んな食べ物に口をつけることができるようになっても、「この体重以上は許せない」っていうボーダーがあって、そのボーダーがその人自身の健康体重よりも低ければ、過食も消えないし、生理も戻ってこないの。
辛いけど、そこは認めないとね。

「その人自身の健康体重」ってのを見つけるのは、ネットでいくら情報を引っ張ったって無理だし、計算で出てくるような簡単なものじゃないよね。
少しずつでいいから体重を増やしていって、生理が戻ったり体調が良くなったり(例えば冷え性や動悸、過食、むちゃ食いがほとんどなくなる)すれば、そこがその人自身の健康体重と言えるんじゃないかな。



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
現状(2015年1月27日)
2015年01月27日 (火) | 編集 |
今回も生理はちゃんと自然に来て、これで通算5回、薬なしで生理が来たことになるよ。
自然に来るようになって間がない頃は42日周期みたいな長い周期だったけど、直近の二回は31日前後の周期と短くなってきた。
一般的には28日周期って言われてるけど、これは本当に個人差あるよね。

さすがに42日周期は長いような気がしてヒヤヒヤしてたけど、元々私は1ヶ月程度の周期だった気がするから(十代~二十代前半の頃)、きっと31日周期くらいが私にピッタリなのかも。

最近は漢方も飲み忘れが結構あったり、年末年始にいたっては忙しすぎて漢方なんてまったく飲まなかったり…そんな状況でも基礎体温にはちゃんと変化があったから、もう漢方は飲まなくても大丈夫なのかな?と思ったり。

念のためにその後も飲み続けたけど、いよいよ昨日で飲みきっちゃったよ。
病院に行くタイミングかな~。
…一旦漢方の服用を止めて、自然に生理がくるか様子見してみようかな。
飲まなくても生理が来るようだったら、病院には行かなくてもいっか。

一応基礎体温も先生の言いつけどおりちゃんとつけてるから病院に行ってもいいんだけど、アプリに記録つけてるから、先生から頂いた基礎体温ノートに写さないと…
数か月分ともなると、大仕事!
先生、アプリの記録はグラフが分かりづらくてダメなんだって(汗)

うーん。

PMS(月経前症候群)がひどくなってるから、その件も相談したいとは思っていたけど。
私も腰が重いね~(笑)

多分だけど、先生にここ最近の結果を報告して漢方の相談をしても、「飲まずに様子見したかったらそれでもOK」って言われるんだよね。
うーん。

ま、いいか。
病院行かずに様子見してみよう!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
テストで作ったケーキ
2015年01月26日 (月) | 編集 |
彼のバースデーサプライズパーティの準備は順調!
先週末は予定通りテストとしてケーキを作ってみたよ♪

DSC_0868.jpg

で、職場に持っていったら、とっても好評だった…ようで、よかった(*^_^*)
実は今日とても忙しくて、同僚とのお弁当タイムに大幅に遅れて登場…。
みんなと一緒にランチ時間を過ごせたのは、なんと10分もないという(泣)

今日は用事があったからこうなることはちょっと予想してて、念のために同僚にケーキを預けていたんだけど、大正解だったよ(^_^;)
まさかランチタイムをほとんど失うことになるとは思わなかったけどね(泣)

私が登場した時にはすでにケーキ入刀が済んでいて、ケーキを見た時とか食べた時のみんなの新鮮な反応を見ることができず…残念(涙)
私が登場した時、みんなが「すごい、おいしい」といって褒めてくれたけどね(*^_^*)

ちなみに、この日たまたま同僚一人の送迎会をする話が先週持ち上がったから、「ケーキ作る予定だからそれを送迎会ランチで出せるよ」って言ったのは私。
テストとはいえケーキを作るなら誰かに食べてもらいたいと思ったから。
みんな喜んだーー!
材料費も全部自腹だし、よく考えてみたら初挑戦なのに送迎会のケーキとして提案しちゃうなんて、私って怖いもの知らずだね~(^_^;)

スポンジは午前中に焼いて、午後にデコレーションをして、かなり時間がかかってしまった。
上に乗っけてるチョコのバラは前日の夜に作っていたものだし、本番はこれを全部一日でするとなると大忙しだね…。
夜のパーティ用の食事も買い出しに行かないといけないし、どうするかな~。

今、作戦を練り中!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
摂食障害が脳に与える影響
2015年01月23日 (金) | 編集 |
今、闘病記録を読みやすく私小説に書き換えているところなんだけど、書いているうちに当時の記憶がもう少しだけクリアになってきたよ。

最初にこのブログの「摂食障害」カテゴリで闘病記録を書き始めたとき、そんなにハッキリとは思い出せないことが多かったの。
今でもなかなかクリアに思い出せないことはやっぱりあって、摂食障害が脳に与える影響をしみじみと恐ろしく感じているところ。

一番よく言われている脳への影響は、「脳の萎縮」だよね。
拒食や過食嘔吐などで体の栄養状態が悪くなると、なんと脳まで痩せていく。
栄養が行き渡らない結果だから、確かにそうか、と納得できるね。

この栄養不足による萎縮は体内の至る所で起こって、各臓器も萎縮しちゃうよ。

はたして、脳が萎縮するとどんな影響が出てくるのか?
どう考えてもいい影響なんてなさそうなことは、すぐにイメージできるんじゃないかと思うけど(汗)
それは…

・思考力や記憶力の低下
・睡眠障害
・痙攣
・意識障害

言葉だけ読めば大したことないように見えるものもあるかもしれないけど、それは大間違い。
思考力や記憶力の低下にも度合いがあって、ちょっと脳の萎縮が進行するだけで「昨日何をしたか覚えていない」、「さっき何の目的であの場所(例えば二階、キッチン、居間)に行ったのかわからない」みたいな“認知症”と変わらない症状が出始めるの。

この脳の萎縮はCTスキャンすればはっきりと分かるらしいから、心配だったら一度CTスキャンを希望してみるといいかも。

怖いのは、脳は再生が簡単にできる臓器じゃないってこと。
もちろん萎縮の度合いにもよるけど、もしかすると回復過程で他の臓器は元に戻っても、脳は100%元通りっていうわけにはいかないかもしれない。

かくいう私も上の四つのうち意識障害以外は体験しているよ。
痙攣はもしかすると別の原因からきていたものかもしれないけど。

最近の研究によると、脳内の神経伝達物質と摂食障害が関係しているんじゃないかって考える人もいるみたいだね。
そういえばうつ病も一昔前まではその原因として精神面ばかり注目されてたけど、最近では脳内の神経伝達に異常があるのではないか、って考えられてるらしい。

ちょっと話が逸れちゃったけど、脳の萎縮は怖い!ってことを最後に書いて、今日のシメとしよう。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
ポラリスの動画
2015年01月22日 (木) | 編集 |
ちょっと前に撮影した動画。
よく日付をチェックしてみると、去年の12月だけど(笑)
ちょうど三ヶ月の時か~。
最近撮ったものもあるけど、とりあえずこっちを投稿。



英語で育ててるから、命令も全部英語。
できるようになったのは、

・お座り
・伏せ
・待て
・お手
・来い
・立っている人間にぴったり寄り添うようにお座り
・離せ←まだ訓練中

かわいい~~~
もうゾッコン。
彼もゾッコン。



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
足柔らかいね、キミ
2015年01月21日 (水) | 編集 |
ポラリスの股関節が尋常じゃなく柔らかいのは前に投稿した写真で知っている人もいるんじゃないかと思うけど…
あれからまた成長しても、やっぱりこんな感じ。

DSC_0861.jpg

手に持っているのはロープ。
見れば分かるか(^^;)
これは最近買ったばかりのオモチャなの。

彼が「すっごく丈夫なロープが欲しい」って言い始めたから何かと思ったら、「それでポラリスと引っ張り合いっこするんだ」って(汗)
引っ張りっこって…そのアイディア、私あんまり好きじゃないんだよね。
なんか噛み癖が付きそうな感じじゃない?

結局ロープは買うことになって、購入日に早速使ってみると、ポラリスはロープにもうゾッコン。
山口に帰省したときオモチャを一個しか持っていってなくて、苦し紛れに(?)ペットボトルをあげたら大喜びして疲れるまでペットボトルをガジガジするほどシンプルな子だから、助かるわ~。

中でも一番のお気に入りは、予想通りロープで引っ張り合い。
最近はオモチャもただ噛むだけだとつまらないと気づいて、一通り噛んで満足したらオモチャを人間のところまで持ってきて、「はい、コレ。投げて~!遊んで~!」という顔。
オモチャを咥えたまま「コレ!コレ~~!」ってアピールしてるのが可愛くて、ついつい相手をしてしまう……。

そーんな可愛い顔して、一旦ロープの引っ張り合いが始まると、一気に興奮して「ウゥゥゥ」と唸るポラリス。
その様子を見て、「これこれ、これが心配していたことなのよ~」と思ったけれど、引っ張るのを止めて「離して」と命令すると、興奮がサーッと冷めていくのが見た目で分かるの。
一回の命令で離してくれることは少ないけど(苦笑)、命令をちゃんと聞いてくれるあたり、そんなに心配しなくていいのかな~、という感じ。

このロープは両端が輪になっていて、引っ張り合いがしやすいデザイン。
ポラリス一人で遊ばせると、そのうちどっちかの輪に首を突っ込んで恐ろしい光景に(汗)
本人は楽しいらしく、シッポふりふりしながら輪から出ようとしたりロープを首に付けたまま走り回ったりするから、エネルギー消耗&ストレス発散になっていいかなー、と思って。

彼はまだその光景を見たことないだろうけど、きっと同じ意見なんじゃないかなー。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
自分に何ができるのか考えた時に
2015年01月20日 (火) | 編集 |
摂食障害カテゴリで投稿し続けた闘病記録がとりあえず終わりまで来て、なんだかホッとしてしまったよ(^^;)
今では書ききれなかったこととか伝えたかった感情とかを私小説に書くって決めてるからこれで一息ついてるけど、このアイディアが天から降ってくるまでは「せっかく投稿し続けてる内容なのにあんまりリアルに伝えることができてないかもしれない」って悩んでたの。
別カテゴリを作って、補足的に記事を投稿していこうか、とも思ったし。

でも、時間を割いて私の記事を読んでくれて、何かを感じ取ってくれてる人の存在が、闘病記録を終わりまでもっていく原動力になったよ。
ありがとう!

摂食障害からなんとか立ち直った時に感じたのは、「同じように悩んでる人が身近にいたら、何かアドバイスをあげたい」ってこと。
きっと回復したみんなが思うことだよね。

難しいのは、「助ける」ことはできない種類の病気ってところ。
アドバイスにも限界がある上に、アドバイスをどう受け取るかも人それぞれ。
精神の病気はどうしても最終的には自分が乗り越えなきゃいけない部分があって、アドバイスや直接的な協力を得ながら闘病するとしても、自分自身の力が重要。
力っていうのは、「治したい」とか、「もう一回○○したい」とか、そういった未来への希望が大部分を占めるんじゃないかな。

私は、そういった「未来への希望」って部分をちょっとでもパワーアップできたらな、と思ってるよ。
医者じゃないから、あくまでも「経験者からのアドバイス」って立場でね。

で、方法を考えた時、やっぱネットが一番簡単だしいろんな人からのアクセスがスムーズかな、と思い立ったの。
外出先でたまに明らかに摂食障害だなって思うほど痩せている人がいても(その他の病気って可能性もあるけれど…)、いきなり声をかけて「辛いですね、私も経験したので分かります、闘病頑張ってください」なんて言うわけにもいかないし。

もし摂食障害で、特に拒食や回復過程の過食で悩んでいてどうしても相談したいことがあったら、コメントに書いてみてね。
投稿している記事と関係なくても全然OKだよ。
医者みたいなアドバイスはできないけど、経験を踏まえた私なりのアドバイスならできると思う。

今週は1月入って初のノー祝日週間だから、「あー、まだ火曜か~」という感じ(笑)
それでも昔に比べたら時間が過ぎるのは格段に早い…
うーん、年を取ることのなんと怖いことか(笑)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
その後の経過
2015年01月19日 (月) | 編集 |
摂食障害カテゴリに書いてきた闘病記録も、もうほぼ最近の出来事まで追いついてきたよ。
その後の大きな変化としては「生理が自然に来るようになること」だけど、それはもうこのブログの「闘病(女性ホルモン編)」カテゴリでリアルタイムに投稿してるから、みんなも既に知ってる情報だと思う。
大きな変化はそれくらいだから、小さな変化を簡単に書いて闘病記録のシメにしようかな(^^)

前回このカテゴリに投稿した「少しずつ、更に薄れる恐怖感」で書いたように、“彼と一緒に暮らしたときに困らないように間食を減らす”を目標に頑張る日々が続いたよ。
すでにいろんな食品に対するこだわりはどんどん薄れていってて、食事をセーブしようとする心に打ち勝つことさえできれば、割とお腹いっぱいになるまで食事をして間食の量は減るってことに成功してた。

実は生理を薬で定期的に起こすようになってから体型が少しずつ変わっていってたんだけど、食事の質が変わってから(肉や魚の量が増えて大豆や卵の量が減った)、さらに体型も変わったの。
すごく太ったとかではなくて、“女性らしい曲線がついた”ってところかな。
腰のくびれとか胸のふくらみ、太ももからふくらはぎにかけての曲線…そんなところ。

曲線ができるってことは出るところと出ないところがあるわけで、いままで出ていなかったところがでるってこと。
例えば、太ももとか、お尻の丸みとか。
そうなると、これまで着ていた服が少しキツく感じたり、ズボンのボタンが締まらなくてショックを受けるなんてこともあったよ。

ズボンのボタンはショックが大きかったけど、まだ痩せ気味の時に買ったズボンだったし、その頃に比べて体重も食べるものも明らかに変わったのにズボンだけ同じものを履き続けられるなんてのは都合よすぎだよね。
その後そのズボンは、ポラリスの服としてリサイクル(笑)
ただ捨てるのは惜しいから、リサイクルしてやったわ(笑)

体重を増やしていく過程で体型の変化を経験していかないといけないけど、この“女性らしい曲線がつく”というところまで来ると、これまで変化にめげず頑張ってきた人も落ち込みやすくなっちゃうかもね。
これまでの体型の変化とはちょっと変わっているから。
肉が付かないところにはあまり付かなくて、付くべきところには遠慮なくついちゃうから。
もちろん個人差はあるだろうけど、私はお尻と太ももが以前より格段に丸みを帯びたよ。
ウエスト自体はほとんど変わらないから、この変化は単に太ったんじゃなくて、女性ホルモンの働きが影響して変化したんだな~としみじみ感じる。

もちろんいきなり全てを受け入れることはできなくて、丸みを帯びていく変化をストップさせたくて、摂取カロリーを調整しようとしたり運動が多くなってみたり、それなりにあがいたよ。
すると確かに、一時的に丸みを帯びていく変化をストップすることはできるけど、生理までストップしちゃってた。
せっかく薬を飲んで定期的に起こしている生理なのに、薬を飲んでも反応が良くないこともあったの。
こういった経験を何度か繰り返して、「生理が安定して来るには、それなりの体型をキープする必要があるんだな」と理解していくわけなんだけど。

私の場合は魚や肉をある程度しっかり食べるようになって初めて、いよいよ女性らしい体型になって生理も自然に来るようになったけど、個人差もあるし人によっては大豆食品や卵だけでも十分って場合もあるのかも。
世の中ベジタリアンな人もいるくらいだし。
フルータリアン(フルーツしか食べない人)もいるよね。
つくづく、私にはムリな食生活だと思うよ(苦笑)

これまで書いてきた闘病記録では伝わりにくいところとか、書き足りないところも沢山あって、私小説にしたものを執筆中なの。
その当時私が一体何を考えていたのかとか、周りの人の反応とか、それなりにリアルに書いているつもり。
書き終わったら小説サイトに投稿するから、その時にまた知らせるね!


お時間ある方、クリック宜しく♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
インフル大流行
2015年01月18日 (日) | 編集 |
インフルエンザが大流行してるみたいだね。
私の周りもインフルって診断された人が多いよ。
今週の金曜日に同僚が会社を休んだ時、午後にラインで「私インフルだったみたい~。火曜まで出勤できないみたい。ゴメンね~」ってメッセージが来て、思わず冷や汗をかいてしまった。
その同僚は私の目の前のデスクで、しかもよく近くで話す機会があったからね。

その子、私と同じく予防接種受けたんだけど…かかっちゃったみたい。
今年のインフルはご年配で重症化しやすい香港A型らしい。

実は金曜の午後から私も調子悪いんだけど、まさかね(汗)
熱は出てないけど、同僚曰く「熱はそんなに出てないの」だから。
週末のたびに具合悪くなるなんてつまんないな~。

昨日は夜に風邪薬飲んで、今日も飲んでるよ。
風邪かどうか分からないけど、調子良くないならサッと飲んでサッと治したいよね。

今日はおとなしく家でゆっくりするつもり。
お昼は近くのモールに行って買い物したけど、早めに退散。
100均でケーキ作り用のツールを買って、ケーキ型だけはネット注文することに。
20cmの型が100均にはなくて、キッチン用品店をのぞいてみたんだけど高い!
ケーキ型ってあんなに高いんだね~!
100均で全て済ませられると思っていたら大間違いだった(泣)

やっぱりパーティ案は高くついて終わるかしらね(-_-;)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


彼のバースデープラン
2015年01月16日 (金) | 編集 |
彼のバースデーは2月13日。
バレンタインの前日っていう、一度聞いたらなかなか忘れそうにない日(と言いつつ、前に誕生日の話になって危うく2月15日?って言いそうになった私)。
去年はちょうどフランスに行った時で、彼の家族と一緒に地元で有名なフレンチレストランに行ったんだよね。
そのコース料理の量が明らかに多くて、なんと彼までもディナーの後に胃薬を飲んだという。

今年は何をプレゼントしようかな?と考えに考えて、思いついたのがサプライズパーティ。
実は年末の帰省でかなりお金を散財しちゃって、正直あんまり派手なものは買えないの。
プレゼントを安めに抑えるいい案はないかと頭を捻って、パーティで盛り上がればプレゼントが大したことなくても喜ぶかな!なんて。

ちなみにプレゼントとして買ったのは、太鼓のコンサートチケット。
彼は一通り必要なものは持ってるし、欲しいと思ったらパッと買っちゃう人だから、プレゼントを見つけるのは大変大変。
ブランドが好きなわけでもなくて、持ってる物も少なめ。
欲しいと思ったらパッと買う人だけど、だからってしょっちゅう買い物ばっかしてるわけじゃないしね。
そういう意味では、あまりお金の掛からない便利な…もとい、素敵な存在なの。

で、パーティをどうしよう、って考えた時、招待する人はすぐに思いついたんだけど、問題は場所。
悩んでいたら、幸運にも招待予定の友達がある会場を予約してくれるって!
それはコネみたいなものだから、予約料も大して掛からない。
ラッキー!これで会場→ほぼタダ!
今のところ、太鼓コンサートチケットの5000円の出費。
いいぞいいぞ~、この調子。

当日は有給を使って、午後までにケーキを焼く予定。
チョコレートケーキにする予定。
実は初挑戦だから、上手く焼けるかどうかは謎(笑)
ほんとはスポンジ作りだけでも練習したほうがいいんだろうけど…うーん。

そして、会場セッティングに使う小道具を買わないと。
これが結構かかりそう。
プレートやグラスは使い捨てのペーパーやプラスチックタイプを買うし、ナプキンも必要だね。フォーク類もいるな。
デコレーションが何もないと寂しいから、「Happy Birthday」って形のバルーンを飾る予定。
ネットで見ると、安いものは900円もしなないみたい。
それだけじゃ寂しいかな?と思って、今他にもバルーンか何かを飾るべきか考え中。

他にも彼に被せる「お誕生日ハット」(子供みたい?笑)とか、しばらくアマゾンの検索と格闘しながら過ごす時間が多くなりそう。

パーティを主催することってあまりなくて、食費だけでも予定していたプレゼント代を余裕で超えそうだな~とちょっと後悔気味だけど(笑)
頑張りまーす!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
痩せた自分を必死に隠すのは
2015年01月15日 (木) | 編集 |
摂食障害になって、どの時期に自覚し始めるかは、人によって違うよね。
同じように、鏡に映る自分の姿がどの程度痩せてしまっているのか、その真実をちゃんと理解できるようになる時期も、人によって違う。

ネットの体験談とか医療機関の一般的な情報によると、摂食障害になった多くの人が、一定期間は自分が異常なほど痩せてしまったことに気づかないらしい。
鏡を見ても、全然痩せているように見えないの。
鏡の前に立つ自分は確かにガリガリに痩せ細りつつあるのに、全然気づかない。

私の場合は、痩せ始めた部分よりも肉が全然落ちない部分にばっかり目が行ってしまって、やせ細り始めた部分には注目してなかったよ。
「もしかすると体が締まってきたかも」とは感じても、鏡を見るたびに確認していたのは、下っ腹の出っ張りや頬っぺたのお肉。

手足やお腹の上部、太ももなんかはみるみる痩せていくのに下っ腹だけ出っ張っているように見えて、痩せ細った感覚は全然なかった。
実際には下っ腹以外が急激に痩せてしまって、昔の日本画の餓鬼みたいになってしまっていただけ。
自分の関心が下っ腹にあるとはいえ、その他の部分には全然注目しなかったのは何でなのか、ぜーんぜん分からない。

そしてある日自分の真の姿に気づいて愕然とした後、気づいてしまうんだよね。
これは周囲から見ても明らかにおかしい、と。
一般的な「痩せている」レベルを超えてしまっていて、この姿を見れば驚かれるレベルになっている、と。

そうなって初めて、痩せている体を隠すような服を着るようになった私。
きっと同じように体を隠すようになる人は多いんじゃないかな。
ミニスカートを着るのが大好きだったし、体にピタッとフィットするような服が大好きだった私も、「これは明らかにおかしい」と気づいてからはジーンスに長袖の日々。

痩せ始めた頃はボディラインをしきりに気にして、頻繁に体型がはっきりと分かるような服を着ていたけど、それは一転。
長袖でも緩やかなラインで体型を見せないような服。
ジーンズでもダボダボタイプで足のラインを見せないようなもの。

もはや自分の目指しているものは「美」とは違うってことに気づく時期だよね。

普通、痩せてスリムな体型を維持したいっていう願望の裏には、「スリムな服を着て歩きたい」とか「あの人に告白して付き合いたい」とか、別の願望が共存していると思う。
でも、摂食障害の「痩せたい」は違うんだよね。

確かに、きっかけは「痩せてスリムな服を着て歩きたい」だったのかもしれない。
でも、痩せ細った自分の体をブカブカの服で隠してなお、痩せようとすることを止められない。

痩せ細った自分の体を表に出さないのは、それが明らかに異常なことだと自覚しているから。
こんな姿は美しくないと理解しているから。
それでも「痩せたい」「太るのが怖い」と思ってしまうのは、摂食障害という病気のせいだから、ある意味しょうがない。
「これは周囲から見ると明らかにおかしい」と気づくことは、回復していく上で重要なこと。
闘病を始めることができるサインなのかもしれないね。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
久しぶりの衝撃
2015年01月14日 (水) | 編集 |
今日、仕事中に久しぶりの衝撃が(汗)
結論だけ先に言うと、飲んだミルクが腐ってたよ……。

いきさつを言うと、先週から職場の冷蔵庫に置いていたミルク(牛乳)があったのね。
私はコーヒーラテが好きで、しかも缶コーヒーは甘すぎて飲めないというワガママ娘。
だから仕方なく(?)ラテが飲みたいときは自分で作ってたの。
牛乳を持参してね。

パックごと持参する勇気は(?)なくて、魔法瓶に1回分だけ入れて持っていくの。
たまにラテを作るタイミングを逃して、「明日にしよっと」って冷蔵庫にそのまま放置することもあって、実は先週がそうだったの。
「確か週明けまで賞味期限は持ったはず」って思いながら。

私はあんまり賞味期限を気にしないけど、ミルクやお肉は多少気にするよね。
におってみて変な臭いがしたら食べないとか。
ミルクも多少期限が過ぎるぶんには気にしないけど、流石に4日とか5日とか過ぎると飲まずに捨てちゃう。

魔法ビンに入れたミルクの賞味期限はなんとなく「そうだったような」気がしただけで、実際には何日が期限切れだったのかは不明……。
ただはっきりしているのは、今日ラテを作った時点では完璧に腐っていたってこと(涙)

今日は朝からラテを飲みたい気分満々だったけど、午前中は忙しかったから午後に作ったの。
一口ごっくんと飲んでしまった後で、なんだか変な味が口の中に充満。
「?!?!?!」
私は思わずカップの中で揺れるコーヒーをジッと見つめて、見た感じ特に変わらないいつものラテをクンクン。
コーヒーと混ざってるからなのか、臭いもよく分からない。

試しにもう一口含んでみると、やっぱり明らかに味がおかしい!
すごく不味いとか苦いとかではないけど、変な味ってことだけは分かる。
思わずカップの中にペッて吐き戻しちゃった(笑)

人間の本能ってすごいね。
ちょっと口に含んだだけで、有害か無害か分かるようになってるなんて!
不味い苦いも危険信号だろうけど、今回はそんなんじゃなかったんだよね。
ただ、「変な味」って感じ。

今晩お腹壊さないといいけど(苦笑)
早めに気づいたとはいえ、一口ごっくんしちゃったよ~~(汗)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
少しずつ、更に薄れる恐怖感
2015年01月13日 (火) | 編集 |
※このカテゴリに掲載中の記事は、私の過去の回想記録です。

体重が割と標準まで戻って、割となんでも食べれるようになっても、残っていたのは肉や脂に対する恐怖感。
摂食障害真っ只中の時のように「一口だって食べたくない」というほどではないけれど、選択肢があるなら肉はなるべく避けるほど、その恐怖感は簡単には消えてくれなかった。

一度芽生えてしまった恐怖感を完全に取り除くのには、よっぽど長い時間が必要なんだと思う。
肉を食べなくたって生きていけるしね。
私の中で特に恐怖感が強かったのは牛肉で、これは最近まで抵抗感が割とあったと思う。

肉を口にできるようになってからも、なるべく避けるように大豆製品や卵に頼っていたけれど、彼と一緒に暮らし始めるとそうもいかない。
彼は肉とチーズとポテトを主食に生きてきた人だから、それをいきなり大豆と卵でチーズなしの生活に一変させてしまうのは厳しい。
私自身、本当は大豆や卵ばっかりに頼らず、魚や肉ももっと食べたほうがいいとは思っていた。

私の場合、「食べたいけどこだわりがあるから食べない」だけで、本心は「食べたい」んだから、できることなら魚や肉の量を増やしたい。
そういう思いもあって、間食を減らす努力を始めた時から、大豆や卵に頼ることをやめて魚や肉の量を増やすようにした。
精神面の調子が良くてお腹9割まで食べることができて、しかもメインに魚や肉をしっかり食べることができた日は、間食をほとんどしなくてよかった。

魚や肉をしっかり食べると腹持ちがいい。
抵抗感や後悔、間食を食べ過ぎる失敗を繰り返しながら、魚や肉を食べる回数は徐々に増えて、間食を食べ過ぎてしまう日は徐々に減っていく。
自分が目指している方向は間違っていないんだと感じながら、日々を過ごした。

-------------------------------------

長々と投稿してきた回想記録も、ほぼ終わりまできたよ。
今投稿している内容は本当に最近のこと。
こうして思い返してみると、つい最近まで私も色々と悩んでいたんだなぁ、と。

要するに、自分が本当に望んでいるのはどんなことか、っていうのが重要ポイントだよね。
仮に、何かがきっかけで「私は○○はもう一生食べない」って決めて、それで全然苦がないなら、それでもいいんだろうし。

私の場合、摂食障害になる前は何でも食べる雑食だったし、肉も魚も好きだったから、それを人生から切り離してしまうのはとってもストレスのかかることだったってこと。
食事は、想像以上に精神面が大きく関わってくるんだよね。


お時間ある方、クリック宜しくね!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
新年早々、風邪でダウン
2015年01月11日 (日) | 編集 |
実は今週の初めくらいから(つまり仕事始めから)、体調が下り坂だった私。
仕事始めの日に、誰かから風邪を貰っちゃったに違いない。
それとも、年末年始の疲れがここにきてドッと押し寄せたのか…

火曜日には急激に体調が悪くなって、夜中に熱で目が覚める始末。
「困ったときのパブロン」で早速飲んだけど、翌朝はフラフラ。
その日はパブロンを片手に頑張ったけど全然よくならず、次の日(水曜)には病院へ。

インフルエンザじゃないでしょう、ってことで、普通の風邪薬をもらったよ。
その薬を飲み続けて今日、やっと体調が良くなり始めた!

そんなわけで、今週はボーッとしながら仕事して、常に「帰りたい~」って思いながら座っていたことは秘密。
今まで単なる風邪でこんなに辛かったことはなかったけどなー。
年かな。
三十台になると風邪がキツくなるの?

この連休で一気に体調を回復させて、元気バリバリに戻りたい。
世間ではインフルが流行ってるみたいだし、みんなも気をつけてね。
私の周り、みんな風邪気味だよ。
空気が乾燥してるから飛び火しやすいよね。
ほんと気をつけてね!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
間食を減らす道のり
2015年01月09日 (金) | 編集 |
※このカテゴリに掲載中の記事は、私の過去の回想記録です。
※本文中の“普通”という表現は、あくまでも私にとって“普通”という意味です。


“普通に食べよう”と決心して、次の日から食事の量を増やし、間食の量を減らした。
抵抗がある日も、ご飯は必ずお茶碗一杯、お肉か魚の動物性タンパク質を最低1日1回は摂って、大豆製品のみをタンパク質として食べる日は卵をプラスした。
間食の量を減らさずに普通の食事を増やすのは抵抗があったから、間食癖がついていて厳しいかなと思ったけれど、同時に間食の量(回数)も減らした。

食事で目指すのは、「お腹8~9割」。
“まだお腹空いてるかも”の状態で食事を終えると、なんだか欲求不満で、大抵の場合2~3時間以内に間食してしまっていたから。
“お腹一杯だな”の状態で食事を終えると、4時間程度は間食ナシでも過ごすことができた。

これまでの間食は、食事の1~2時間後(つまり13時~14時前後)に1回、そのまた数時間後(つまり夕方)に1回、晩ご飯後に1回、寝る前お腹が空けば寝る前(23時前後)の、合計3~4回。
間食がこんなに多い理由は、いつも食事を“まだ食べたいけど、これ以上食べるのは抵抗あるから止めとこう”という段階でストップしていたからに違いない。

そう考えた私は、食事を“お腹一杯だな”というところまで食べて、間食は夕方16時~17時頃の1回にするようにしてみた。
確かに、食事で一旦“お腹一杯だな”というレベルまで到達すれば、食事の1~2時間後になっても間食したいと思わない。
でも、夕方にはどうしても間食したくなってしまう。
仕方ないから、夕方は少し間食。
晩ご飯をまた“お腹一杯だな”というところまで食べて、寝るまでの間食は摂らないようにした。

この「夕方の間食」が難関だった。
ダラダラ間食する癖がついていた分、ある一定量だけ食べて「これで終わり、次は晩ご飯!」というのが、不思議なほど難しい。
このダラダラ間食を防ぐために、間食用のお菓子は全部個包装のものに変えた。
個包装でもある程度量が入っているセブンイレブンのプライベートブランドのおかき、ハッピーターン、コンビニで買える1パック100円前後の個包装チョコレート、キットカット、ソイジョイなどなど。
個包装の中を全部食べても晩ご飯にはさほど支障がないものを買うようにした。

クラッカーが好きでよく食べるから、ナビスコのプレミアムクラッカー1袋やグラノラクラッカー1袋なんかも間食に愛用。
個包装のものを全部食べきることで“食べた”という満足感を味わって、“次は晩ご飯!”と我慢することを努力した。

食事リズムを急に変えても、間食癖が急に消えるわけじゃない。
食事をお腹一杯食べるから1~2時間後は間食したいと思わなくても、夕方に一旦“間食したい”と思ったならその欲求はかなり強くて、最初試しに「間食ゼロ」でやっていこうとしていたところ、間食を我慢した反動で晩ご飯を過食っぽく食べ過ぎてしまった。
その後は間食欲求を抑え込むのが怖くなって、夕方1回は間食したければ間食するようにした。

間食のタイミングを色々と考えるうち、“お腹一杯”まで食事をして約4~5時間後には、間食したくなる程度にお腹が空くことが分かってきた。
間食をしなくたって全然困らない人も大勢いるのに、どうして私は“間食が必要”なんだろう?
そう思いながら、夕方の間食を食べ過ぎないように工夫することで四苦八苦した。


お時間ある方、クリックよろしくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
昨日は七草粥の日♪
2015年01月08日 (木) | 編集 |
昨日は1月7日、七草粥の日。
みんなは食べたかな?

私はスーパーで七草セットを買っていたから、昨日は風邪にも負けずに頑張って作ったよ♪
いつも週末に買出しに行って一週間分の食材を買うから、七草セットを買ったのは先週末。
足の速い野菜は週半ばでもう萎れたり傷んだりするから心配してたけど、七草セットは無事だった(^^)

DSC_0853.jpg

前にも七草粥は作ったことがあったから作り方はバッチリだったんだけど、今回の最大の問題は彼。
私の彼はにおいの強い野菜が苦手。
というか、彼なりに苦手なにおいがあるみたいで、食べれる野菜と食べれない野菜とあるの。
例えばホウレン草。
このにおいがダメって言って、ホウレン草はほとんど食べない。
栄養たっぷりだから食べて欲しいんだけどね。
どうしてもホウレン草を食べて欲しい時は、グラタンの中に投入して彼の大好きなチーズとMIX。
「ホウレン草がないほうが美味しい」と言いながらも、ちゃんと食べてくれるの。

そんな感じだから、普通に七草粥を作っただけだと食べないのは明らか(汗)
せっかくセットを買ったわけだし(高かった…)、なんとか食べてもらいたいと思って、同僚に相談すると良いアドバイスが!
「ダシをしっかり入れると、味があって食べやすいよね」
そうか!ダシか!

確かに、七草粥が食べにくいのはシンプルな味付けで七草の香りが思いっきり口に充満するから。
味をしっかりつけると、食べやすくなるかも??

鶏肉を入れる、鰹節を入れる、などなどアドバイスをもらった中で、採用したのは鰹節ドッサリ作戦。
お魚を焼く予定だったから、鶏肉は避けたかったの。

帰ると早速、七草をみじん切りにしてお鍋でグツグツ。
口に入れたときのモシャモシャ感がないほうが食べやすいから、弱火で長めにグツグツ。
狙い通り、七草は超柔らかくなったよ。
そしたら鰹節を投入。
味付けは、みりんと醤油。

これが美味しかった~♪
彼のために付けた味だけど、私も美味しく食べれてハッピー(^^)
帰宅した彼に食べさせると、「美味しい」って言って食べてくれたよ♪

七草のなかにカブと小さな大根っぽいものがあって、小さな大根のほうの皮をむくのを忘れてしまったのは、彼には言えない秘密(爆笑)
美味しかったんだから、いいじゃない?


お時間ある方、クリックよろしくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
「ほんのちょっとの勇気」の積み重ねが大事
2015年01月07日 (水) | 編集 |
「何だって食べれるようになるぞ!」と決意しても、いきなり急に食事ができるようになるわけじゃないよね。
これまでずっとお米を避けてきた人が「お米を食べよう!」と決めたって、急にお茶碗一杯まるまる食べれることは少ないと思う。

お肉やお米を食べることが肉体的に可能だったとしても、精神的な抵抗感がそのハードルをグンと上げてるの。

だから、「食べよう」と決心したら、“ちょっとずつ”挑戦していくのがコツ。
例えば、お米をスプーン一杯食べてみる。
お肉を一口だけ食べてみる。

これまでずっと避けてきた食材だと、一口食べただけでも心がザワザワ、後悔の渦が頭の中でグルグル、なんてことは当たり前。
そうして何度も挑戦するうち、一口に対する精神的なインパクトがちょっとずつ減っていくの。
要するに、トレーニングだよね。

数回の挑戦でくじけそうになることもあると思う。
そこで負けずに踏ん張って、「ちょっとでいいから」を続けてみるの。

「お肉を食べれるようになろう!」と決めて、いきなりステーキに食いつくのは難しい。
ステーキを思い浮かべただけで尻込みしちゃって、そもそも挑戦する気すら失っちゃう。
それが、同じステーキでもサイコロステーキだったら?
そのサイコロステーキの1個だけだったら?

外食で「ちょっとだけ」のトレーニングをすると、注文したもののほとんどに手をつけないまま終わって損した気分になるだろうから、抵抗ある食材へのトレーニングは自宅がベストかな。
余ったものは冷凍保存できるから。

私がよく試した方法は、焼き鳥串。
調理する必要がなくて手軽だったし、1本から買える。
鶏肉1個ずつ食べて、残りを冷凍保存することもできたしね。

そのせいか、一番早く食べれるようになったのは鶏肉。
過食の時に愛用していたサンドイッチに挟んであるハムも割と早い段階で口にできるようにはなったけど、ハムだけを食べることはほとんどなかったな。

肉の中でも脂肪分の少ない鳥のササミや胸肉から挑戦するのもいいよね。
自分が食材のどんなところに恐怖を抱いているのか、どんなものだったら少しは口にできそうか、一回じっくり考えてみるといいかも。

「もう食べ物のことばっかり四六時中考えているから、これ以上考えたくない!」って人もいるかもね。
でも、そうは言いながらも頭から食べ物のことが消えてくれないのが摂食障害。
どうせ食べ物のことを考えるなら、今の自分はどんなものだったら「ちょっとだけ」挑戦できそうか、考えてみてもいいんじゃないかな。

「ちょっとずつ」を繰り返すうち、だんだん抵抗感に打ち勝つ力がついてきて、量を少しずつ増やすことができるようになるよ。
抵抗感が全く無くなることを目標にしないほうがいいかもしれない。
こういった恐怖感やこだわりが薄れていくには、時間が必要なの。
辛いと焦って「すぐにでも」「明日にでも」となってしまうけど、焦らずにね。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
新年の誓い
2015年01月06日 (火) | 編集 |
今年の新年の誓い、というか、目標!

・彼にプロポーズしてもらう←最重要事項

・執筆中の私小説を脱稿、公開する

・執筆中のファンタジー小説を脱稿

・フランス語で簡単な会話ができるようになる

・英語力維持

・ポラリスと一緒に登山

・料理の腕を上げる
(レシピの数を増やす)

・バイオリンでビブラートの練習をスタートできるようになる


ザッと思いつくだけ書き並べてみたよ。
なんといっても最重要事項は、彼にプロポーズしてもらうこと!
これまでの流れを簡潔に言うと、同棲をスタートする前に一度、私から「婚約しないと同棲できない」って言ったんだよね。
でも、彼の答えはNO。
「付き合って1年も経ってないのに婚約することはできない」って。
それでも遠距離恋愛(東京~茨城間)は厳しくて(特に金銭的に…)、私はお母さんを説得して同棲生活をスタート。
もう今年の夏で付き合って2年目になるし、同棲してもうすぐ1年になるし、そろそろプロポーズしてもらわないと!

職場の同僚に相談したら、「親に根回しして言ってもらう」とか「婚約指輪のカタログを机の上に置いておいて、意図的に話題に出す」とか…
うーん。

ただ待つよりも何かしたほうがいいのかなー、とは思うけど、具体的に「何を」と考えると難しいね。
プロポーズなんてもういいからストレートに「そろそろ結婚しようか」なんて言うって手もあるけど、きっと彼もプロポーズはちゃんとしたいんじゃないかと思うの。
イベントのたびにサプライズ演出するのが好きな人だから。

あとの目標は、読んでそのまま。
新しい年の始まりはいつもワクワクするね!



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
年末年始
2015年01月05日 (月) | 編集 |
明けましておめでとう!
年末年始はブログの更新どころかネットにアクセスすることは全くせず、ひたすら実家で家族に奉仕する日々だったよ(笑)
みんなはどんな年末年始を過ごしたかな?

私は12月28日~1月2日まで、実家の山口に帰省。
彼と、彼の職場の同僚夫婦と、ポラリスを引き連れて、羽田空港から山口県に飛び立ったよ。
ポラリスにとって、初の長時間移動。
電車は初体験じゃなかったけど、長時間乗るのは初めて。
飛行機はもちろん初めて。
この時のために買ったドッグスリング(犬を入れる肩掛けバッグみたいなもの)に入れて移動したんだけど、ポラリスはおとなしくバッグの中にいてくれたよ。

飛行機で山口に到着してポラリスをカウンターで引き取る時、悪夢を体験したかのようにすっごく震えてた(汗)
でも、その後は実家のコタツで暖まって、ご機嫌はすぐに直ったよ(笑)

まさか、ポラリスがあんなにコタツ大好きになるなんてね。
私のお母さんもコタツからなかなか出てこなくて困ることあるけど、ポラリスはお母さん以上だね。
一旦コタツに入ったら、全然出てこないの。
まだ子犬で自分自身をコントロールできなから、適度に外へ出してあげないと大変なことに(汗)
最初は気づかなくてそのままコタツにいさせてあげたら、しばらくしてヒョコッと顔だけ出した時に口をパカッと開けてハアハアし始めたの(爆笑)
彼が「ポラリスがコタツに入りすぎてのぼせた!」って笑って、それ以降は定期的に外へ引っ張り出すことに。

DSC_0837.jpg

写真は、ポラリスがコタツにもぐりこむところ(笑)
たまに頭だけもぐりこんで、お尻は出したままのこともあったよ。
彼の同僚夫婦はポラリスにメロメロで、私の家族もメロメロで、連れて帰って本当によかった(^^)

彼の同僚夫婦(ドイツ人・スイス人のカップル)にとっては日本で始めての年越し。
初めてだし、せっかくだからとランチを毎回奢ってあげてたら、出費がすごいことに~(恐)
夕食はもちろん私が全員分(合計6名)作って、その食費もかなり高かった…。

家事はするし、彼らと観光には行くし、とにかく忙しい日々だったよ。
朝食の準備、夕食の準備、お風呂の準備、洗濯と、空いた時間は全て家事に費やしたから、外に外出する以外はみんな(彼と彼の同僚夫妻)と一緒に過ごすことができなかったという。
嵐のように日々が過ぎ去っていった…。

おかげでご夫婦には楽しんでもらったみたいだし、彼も楽しかったみたいだし、よかったけどね(^^)

忙しくも充実した帰省からスタートした2015年、いい年になりますように!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。