スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼との同棲生活の始まり
2014年03月30日 (日) | 編集 |
28日に彼のアパートに移動して、いよいよ本格的に同棲生活の始まり。
色々心配も多いけど、ひとまずいつものように過ごせている感じ。
ここ数日であった変化と言えば、スーパーで食品の買い出しをするときの支払いが私にシフトしつつあるということくらい?

アパート代や電気代は彼が払うしね。
とはいえ、彼は沢山食べるし、2人分の食費ってバカにならないね~(-_-;)
一か月でどのくらいかかるのか知りたくなって、いつもは捨てるレシートを保管してるの(笑)

ここ最近いろんなことがありすぎて、疲れちゃった。
こういう時はゆっくり休むに限るよね。
熟睡できない日もあるけど…。

生活が落ち着くまでは、こんな日々が続くかもね。
今は何事も手探り状態(二人とも)
物を一つどこかに置くだけでも、なんとなく「ここに置いてもいい?」って一言聞いてからのほうが…っていう感じ(^_^;)

まだ私のデスクがないから、お部屋にピッタリのデスクが見つかるまで、彼が持ってる低いテーブルで頑張る。



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
いよいよアパートの引き払い
2014年03月28日 (金) | 編集 |
ついにこの日が来てしまった…!
今、部屋はクロネコヤマトさんのトラックに積み込むためにまとめた荷物以外なくて、スッカラカンに近い(^_^;)
冷蔵庫とか電子レンジなんかはもう彼の部屋にあるから、実家へ送り返すの。
一昨日には組み立て式のベッドを分解したから、2日間は床にマットレスを直敷きで寝たよ(笑)

午前中にクロネコさんが来て、午後にはアパート引き払いの最終手続き。
終わったら茨城に行って、不在通知が来てた郵便物の受け取り(国保の請求書っぽいから、受け取りたくないのが本音)。
そして彼の仕事が終わったら、ニトリへ注文している家具の受け取り。
今日は盛り沢山な一日になりそう。

さーて、今日からは本当に彼のアパートが私の家にもなる訳で。
笑っちゃうほどナーバスになってるのは私だけ?笑
心配事が多いからかしら。
同棲することで彼との将来を本格的に考えるようになってから、彼の糖尿病のことがかなり気になりだしちゃったし。
お母さんは「気になりすぎて病むようだったら、同棲しない方がいいよ」なんて言って、その時は「そんな病むほどは気にしてないよ」って答えたけど、色んな友達に話すうちに、妙に意識するようになってしまったよ(T_T)
こればっかりはどんなに頑張ってもいきなり状態が良くなるわけじゃないし、完治なんて言葉は糖尿病にはないし、彼の意識自体が変わらないと意味ないのが一番ジレンマなところ。
私、大丈夫かなー((+_+))

とりあえず、今日を頑張って乗り切る!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
気になってしまう彼の糖尿病
2014年03月24日 (月) | 編集 |
一昨日は私の荷物を彼の茨城のアパートへ移して1日目。
色々と物を整理して過ごした1日。
これまで「数日間だけ泊まる場所」だった所が、だんだんと「私の家」にも変化していく。
なんだか不思議な感覚だね。

本格的に一緒に暮らし始める前に、絶対彼と一度は話しておきたかったことを、ワインの力を借りて(笑)、持ち出してみた。
「私とずっと一緒に暮らすなら、これまで作ってきたような、今晩みたいな料理が続くけど、それでもいいの?」
彼はぽっちゃり(を通り越して太っている)で、糖尿病で、食べるものさえあれば沢山食べてしまうことは知ってる。
数年前に糖尿病と診断されてから、絶食したこともあれば、糖質カットをしたこともあるらしいけど、「自分には向いていない」と気付いて、「普通に食事しながら徐々に痩せていく」ことを目指しているらしい。
でも、私の目で見ると、全然気を遣わずに食べちゃってる気がして、しょうがなかったの(汗)
一緒にフランス旅行に行った時だって、「よく入るね」と目を丸くせずにはいられない場面が何度もあった。
…同じ食事の席に座った人たちも彼と同じ量ほど食べていて、もちろんそれにも驚いたけど(なぜなら食事量がハンパない)、彼らはその食事の席1回で終わりじゃない?
私たちは、それがほぼ毎日だったんだもん。
帰国してからも、あまり気を遣わずに食事をしていたような感じ。

20日の夜から私の料理だけで過ごして、本人曰くすでにエネルギー不足で頭痛に襲われちゃった彼。
いつもは(頭痛を感じると)1錠しか飲まない頭痛薬を、この日は2錠も飲んでいた(汗)
「え?!カロリー不足で?一体いつもはどの位食べてるの?」
と聞くと、
「昨日、今日よりは明らかに多く食べてるよ」
と言って笑う彼。いや、笑ってる場合じゃないし(汗)
私の料理は変わらずこのスタイルでいくつもりだし、「君にヘルシーな料理を作ってもらいたい、どうせ僕は料理できないから」と言ったからには私の料理で生活する予定だろうし、彼用のお弁当箱を買ったら喜んでいたし。
でも、私の料理ではエネルギー不足で頭痛に襲われるなら、この生活を続けるのは無理なんじゃない?と思ってしまった。
私としても、彼が自分で買うコッテリ炭水化物の食事よりは、私が料理した野菜入りの料理を食べて欲しいけど…
彼が言うには「体が慣れるまでは頭痛や倦怠感に襲われることもあるだろうけど、そのうち慣れるよ」だって。
慣れようとしてくれるだけでも、すっごく嬉しい。
それが叶うかどうかは別として(苦笑)

食事って毎日のことだから、彼にとってあまりストレスにならないといいけど…。
もし口だけじゃなくて本当に野菜入りの食事でしばらく過ごしたなら、彼の糖尿病は絶対少し改善すると思う。
だって、彼が今まで毎晩食べていたのって、スーパーに売ってるピザ丸まる一枚(野菜ゼロ)とか、そんなのばかりだもん。

お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
本格的闘病のため、実家での暮らしの始まり
2014年03月22日 (土) | 編集 |
入院日が9月と決定したのは、7月だったと思う。
入院すれば普通と同じ量の食事をするという、当時の私からすると出来るかどうかも分からない決定に、「これは本気で食事量を少しでも増やしておかないと」という気持ちが芽生えた。
でないと、入院期間中ずっと苦しむことになるだろう。
絶対克服して、イギリス留学に行くんだ!
その思いだけが、当時の私を支えていた。

ちょうど大学の前期が終了する時期で、夏休み明けからはイギリス留学という予定だったから、大学近くに借りているアパートをどうしようか考えた。
入院が9月1日から3日間、その20日後くらいにはイギリスへ向けて出発するという、とんでもない予定。
帰国は次の年の9月頃、その後すぐに就職活動をしないといけない。
就職活動中は大学に行く機会もグンと減るし、アパートを借りるよりも通学したほうがいいのかもしれない、と思った。
通学にすると、電車で片道2時間。電車賃も2千円弱と、通学する日数が予想より多ければ出費がかさむ。
お母さんに相談すると、自宅から通ったらいいよ、とアパートの引き払いを勧めてきた。
多分、私を一人暮らしさせることに不安が大きかったんだと思う。
「これからイギリス留学まで、回復するために食事を頑張るつもりでしょ? お母さん達と一緒に暮らしながら、一緒に頑張ろう」
そう言ってくれた。
私も一人で暮らすことに限界を感じていたから、8月半ばにはアパートを引き払い実家へ戻った。
本格的に食事量を増やす努力を始めたのは、実家に戻ってからだった。

自分一人で量を増やしていくのは、限界があったと思う。
誰も見ていないし、これまで自分が維持し続けていた食事量が自分の中では当たり前な食事量になっていて、ちょっと量を増やすだけで、とてつもない不安感が襲ってくる。
結局その不安感や恐怖感に負け、「量を増やすのは明日からでいいや」と延ばし延ばしになってしまっていた。
どうして自分はこうなんだろう。本気で回復したいとこんなに願っているのに!
そんな思いばかりが自分を責めて、食事の時間になると結局いつもと変わらない食事内容になっていた。
抜け出せない恐怖と後悔と失望のスパイラル。
ここから抜け出すには、大きな環境の変化は必須だった。

実家に戻って最初の夜、なぜ一人暮らしを続けなかったんだろう、と後悔した。
原因は、私に向けられる家族の視線だった。
アメリカから帰国した時、数日間は実家暮らしをして、私が摂食障害に苦しむ様子を見せてはいたものの、その頃とは比べ物にならないくらいガリガリになっていた。
もちろんその頃もガリガリだったけれど、今回は干物レベルにガリガリ。
予想以上の姿に、驚かないはずはなかった。
特にお父さんは露骨に驚きと戸惑いを表に出して、「骸骨みたい」と言ったりもした。
実家に戻って初めての夕食、食卓の上に私が用意したのは、いつもと同じもの。納豆1パック、プレミアムクラッカー1パック、サラダだ。
私がこの時口にできていたのは限られた食品で、納豆やクラッカーはその中の一つだった。
その変化のない食事内容にも、家族のみんなは驚いていた。

これまで一人で食べていた時はその量が当たり前になっていたけれど、家族のみんなと一緒の席で食事をすると改めて、自分の食事量は普通じゃないんだと感じた。
回復したい、食事量を増やしたい、留学したい、と言いながら、行動は全く前進していないことを遂に目撃され、恥ずかしく思った。
「今は怖いからこんな食事だけど、これから頑張って増やしていくよ」
皆の前でそう言うと、「少しずつでいいんだからね。少しずつ、頑張っていこうね」とお母さんが言った。
お父さんは、どうして食事することが怖いのか、全く理解できないという感じだった。
「食べないのは自分の勝手だけど、それで体力が落ちたらイギリス留学は無理なんじゃないか?今もうすでに、イギリス留学なんて行かせられるレベルには見えない」
そう言って、「目の前でそんなこと言ったらダメよ!」とお母さんに怒られた。
私はうつむいて、その時は何も言えなかった。
何を隠そう、私も薄っすらそう感じていたから。
私にイギリス留学をやり遂げることが出来るだろうか?
目の前に用意したクラッカーの袋と納豆のパックを見つめながら、何度も自分に問いかけた質問をもう一度考えた。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
納車&荷物の移動、完了!
2014年03月21日 (金) | 編集 |
ついに!マイカーを納車したよ!
中古車屋さんがクリーニングしてくれるとは言ってたけど、かなりピカピカにしてくれててビックリ。
事前に用意していたCDを聞きながら、彼の先導でアパートまで戻ったよ(まだ茨城の道まったく知らないからね)。
いやー、14年式で9万キロ走っているとは思えない外見!
数年間は壊れず走り続けて欲しいな。

納車後は、お昼を食べて即東京へ出発。
彼は初めて日本の高速道路を運転するからってテンション高かった(笑)
「今日は休日だから、覆面パトカーがいると思うし気をつけてね」と言っていたら、本当に覆面を発見。
彼が「普通の車に見えるんだけど、数秒前に少しだけ赤いライトが車の上にあった気がする」っていうから、横をゆっくりと追い越す時にチラリ。
車の中には、青い制服を来た警官さんがいらっしゃいましたー(汗)
別に違反しているわけじゃないから堂々としていればいいんだけど、なんとなく緊張。

全部積めこめるか心配していた荷物も、無事に全部車に収まって、一安心。
ほぼカラになった東京のアパートを見て、「ああ、私本当に引っ越すんだな〜」と実感(今更)。
実感したといっても、彼のアパートはなんだかまだ「数日間だけ泊まる場所」な感じ。
メイクするのも特定の場所はなくて、というか適切な場所を見つけられなくて、リビングのダイニングテーブルに座ってメイク(笑)
住み始めたら、流石にリビングでメイクは無いよね(汗)
ワークデスクもなくて、持ってきたのは今東京で使ってるデスクにセットでついてる引き出しのみ。
これからデスクも探さないと。

…とりあえず、今日は疲れたからシャワー浴びてもう寝よう。


お時間ある方、クリックよろしくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


いよいよ荷物の移動!
2014年03月20日 (木) | 編集 |
引っ越しの準備って、お金も体力も要るよね…。
明日のために荷物をまとめたけど、心身がグッタリだよ(苦笑)
かなり捨てたな~。
もう既に彼が生活している場所に移動するから、必要ないものも結構あるんだよね。

上京する時買った家電や大学時代から使ってる家電は、28日にクロネコヤマトで実家の山口まで運ぶし。
一人暮らしのお供だった家電ともお別れかぁ…。
勉強机も、大きすぎるってことで実家に送るの。
しばらくは机のない生活だなぁ…。
というか、自分の部屋ってのが無くなる生活だよなぁ…。
……。
こういう部分を考えると、せっかくの新生活がドンヨリ曇って見える(苦笑)
何事にもデメリットはつきものね。

他県やら海外やら、色々と移動してきた私だけど、なんか今回の移動は色々と考えちゃう時間もある感じ。
彼と一緒に暮らし始めるのはもちろん嬉しいんだけど、ね。
試しに彼に「ナーバスにはならないの?私はナーバスになってるみたい…」というと、「今は良い事が待ってることしか思い浮かばないな~」だって。「僕が移動するわけじゃないから、新しく変わることなんて、ずっと一緒に居れるようになることくらいだもんね」なーんて言ってるよ、ハハハ。
確かに新しい変化があるのは私の方が大部分。
新しい土地、新しい職場、知り合いはナシ!
知り合いがいないのは痛いな~(汗)
都内に移動してきたときは、友達が既に生活してたから不安も少なかったけど。

お蔭で、最近の睡眠時間は短い(-_-;)
うーん、うーん。

明日はまず車の納車。
そして、彼の車で都内に移動して荷物を積み込み茨城へ。
忙しい一日になりそう。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
超防寒で乗り切ったバイト
2014年03月18日 (火) | 編集 |
17日のバイト、結局どんな作戦で挑んだかというと…ヒートテックタイツ+裏起毛タイツ+両方の太もも裏に貼るホッカイロ+ズボンの最強コンビ!
この貼るホッカイロがマジで効いたよ(驚)
朝、出勤前に急に閃いたアイディアだったんだけど、大正解!(^^)
どんなに着込んでも、ビニール素材じゃないから、冷蔵庫の冷たい空気が浸透してくるんだよね(汗)

カイロのおかげで1日乗り切れて、仕事の後の体温調節も土曜より全然マシだった(*^_^*)

1日仕事のバイトはこれで終わり。
後は週に1回ずつ塾の講師のバイトだけ。
残り時間は、人と会ったり、引っ越し作業をしたり…予定を結構埋めてしまったから、引っ越し作業が追い付いていない状態(^_^;)
21日には彼が車で東京まで来てくれて、一緒に荷物を積み込んで茨城まで運ぶ予定なんだけど。
大丈夫かな、私?

こういう時に限って、塾の出勤時間延長を頼まれてしまった。
引き受けちゃったけど、じ、時間が~~~(汗)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

パイ風プリッツの更なる誘惑
2014年03月16日 (日) | 編集 |
この土日は一日中バイト!
またも牛乳の試飲販売で、冷蔵庫の真ん前で販売するもんだから、体が凍える凍える(T_T)
昨日は帰宅してズボンを脱いだら、両足の太ももの血管が変な模様作ってたよ(恐)
暖かいシャワーを浴びたら治った…。

今日は絶対何か対策を練っていこう。
今の所、ズボンの下にユニクロのヒートテックタイツではなく(それは今日履いていって全く効果がなかった)、お母さんが前に買ってくれたババくさいヒートテックレギンスか、裏地が起毛している超厚いタイツを履こうと思ってる。
問題は、ズボンが履けるか?!ってところだけど(笑)
これから挑戦するよ(*^_^*)

さて、まったく話題は変わるけど、私はまたしてもプリッツの誘惑に負けちゃったよ(苦笑)
いや~、このシリーズ(と言っても2種類しかない様子)は本当に美味しい!
何度もリピしてしまいそう♪

プリッツ パイ風アップル

パイ風だしカロリー高そうに見えるけど、これで150キロカロリーくらいだよ。
「パイ風」ではあるけれど、完全なパイではないからね、ちなみに(汗)
私の中では、パイの実(中にチョコが詰まったお菓子)のパイ生地はいわゆるパイ生地に近くて、ホームパイ(パイ風クッキー)なんかのパイ生地はパイ生地もどき。どちらかというとクッキーやサブレ寄りな気がする。
プリッツのパイ風は、私の中ではホームパイとプリッツの中間。
…分かりにくい表現でごめんなさーい((+_+))

今日もバイト頑張ります!
風邪引かないように気を付ける!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村



入院日決定
2014年03月15日 (土) | 編集 |
次のカウンセリングの時、カウンセラーに入院を考えていると打ち明けた。
打ち明けるからといって何が変わる訳でもないと思っていたけれど、怖気づいて何も言い出せずに終わってしまったら嫌だから、自分自身の背中を押す意味も込めて言った。
カウンセラーは、「良い決断だと思います。すごく勇気が必要だったのでは?頑張りましたね!」と言ってくれた。
この手の言葉は、たとえ決まり文句だったとしても、言われるとやっぱり嬉しい。
この日はそのまま診察もある日。カウンセリングを終えて診察室へ入ると、早速先生に打ち明けた。
「先生、私、入院を考えているんですが…」

先生は一瞬驚いた顔をしたけれど、すぐに笑顔になって、「しますか、入院!いや、そのほうが回復は早いと思いますよ。じゃあ時期はいつがいいでしょうかね。学校との兼ね合いもあるでしょうから」と答えた。
入院って、こんなにあっさりと決定してしまっていいの?
若干不安を感じながら、入院日数について条件があることを切り出した。
「大学はもう講義が無い日もありますし、数日だけの入院を考えているのであまり心配していません」
すると先生は苦笑いをした。
「数日って君、それじゃ回復どころか『入院体験』をして終わりですよ。通常はもっと長い期間を考えて、回復度合いを見ながら退院日を決めるんです」

そう言われるのももっともだ。
私は正直に、思っていることを先生に伝えた。
自分で食事量を増やそうと努力しているが、恐怖心からどうしても進歩がないままということ。
許容範囲以上の食事量を食べてしまったら、翌日には恐ろしい変化が体を襲うのでは、という恐怖があるということ。
入院して、ほぼ普通と変わらない食事を数日間だけして、いきなり自分の体が大きく変化することは無いんだ、ということを体験したいということ。
特に、入院して食事をすれば、たとえ恐怖心で発狂しそうになっても何か処置をしてくれるんじゃないかと思っていること。
先生は、笑わずに話を最後まで聞いてくれた。

「要するに、回復が目的の入院というよりは、自分で食事量を増やすきっかけを作る意味での入院ってことですね」
私が言いたいことは、ちゃんと伝わったようだった。
「でもね~、君、私はもっと長期間入院して、もっと体を回復させることの方が重要だと思うんですよね。自分で食事量を増やせるようにするというよりは。点滴だと葛藤する必要もないし、早いですが…。食事をすることでいずれ体重が増えていくなら同じ結果という気がしなくもないですが、やっぱり嫌ですか?」
この辺のこだわりについては、あまり伝わっていないようだ。
食事に対して恐怖感があるだけじゃない。食事をした後、自分の体に現れる変化も怖いんだってこと。
点滴をして体が変化してしまうなら、それも恐怖になるってこと。
もしかすると、分かっていて、あえて何度も言ってくるだけかもしれない。
どっちも変わらないですよ、いずれは体に変化が出るものですよ、その変化は早ければ早いほどいいですよ、と。

私はやっぱり、体重を増やすなら自分で食事をして増やしたい、と言って、あらかじめ決めておいた入院が可能な日を先生に伝えた。
先生はそれ以上無理強いはせず、入院に必要な手続きがあるので窓口で聞いてください、と言って、この日の診察を終えた。
その後入院に必要な手続きをして、入院日を決定した後、家に帰ってお母さんに電話で報告した。

「入院が決まったよ。9月1日から3日間。お金は3万~4万円らしい。やっぱ入院ってお金かかるね」
お母さんは「お金の心配はしなくていいよ」と言い、数日間だけど入院が決まったことに安心した様子だった。
最初お母さんが入院の話をした時、1ヶ月なんて短い期間で考えない方がいいね、と言っていた。
どんなに1ヶ月と予定して入院したとしても、回復が遅ければ、延長入院になるだろう、という考えだった。
ある程度回復させないと、退院させる意味がないもんね。
それでも、入院を進めてきた。
あんなに応援してくれていたイギリス留学がどうなってもいいの?行けなくなってもいいの?というと、あんたの体が一番大事だからね、と言ってくれた。
これがどんなに嬉しい言葉だったか、お母さんには分からないかもしれない。
入院も決まったし、いよいよ後戻りできないと思って、それまでに少しでも食事量が増やせるように頑張ろうと決心した。
いきなり普通と同じ量を数日間連続して食べるのは、増やす努力をせずに挑むと相当苦しむことになるかもしれない。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
新商品を衝動買い
2014年03月14日 (金) | 編集 |
昨日は全然元気が無くて、一日中寝ていたかった感じ。
四月からはガッツリ仕事だから、ゆっくりできるのも今のうち…と思いつつ。
それでも用事があって外出し、帰りに立ち寄ったファミマで誘惑に遭遇(^_^;)

新商品~♪
立ち寄ると新商品がないかいつもチェックするんだけど、昨日はチェックだけに留まらず買ってしまった(*^_^*)

パイ風プリッツと春のスムージー

プリッツのアレンジ商品の中で、久々のヒットかもしれない!
これまで、アレンジ商品ではガッカリしていたの。
「結局、プリッツはサラダかローストかトマトで、それ以上の変化はしないほうがいいんじゃないか?」って。
今回のパイ風はすごくいい感じ!

春のスムージーはどこかで飲んだことがあるような味だったけど、美味しかったよ(*^_^*)

こんな感じでチョコチョコ出費をするから、予想より早くお金が消えていくんだろうな…。
考えてみると、一日一回は小さな出費をしている気がする。
コンビニで、主にはお菓子(-_-;)
チョコチョコ買いを減らそうと思ってスーパーで大袋を買ったりしてるけど、外出先で手元に欲しいお菓子が無いと、ついつい買ってしまうんだよね。
「今欲しいの!」って(笑)
今月は収入ほとんど無いのにな~(T_T)

ちなみに昨夜(というか夜中)、中国地方で震度5の地震があったんだね!
私の実家山口県も地震に見舞われて、震度5なんてすっごく珍しい出来事に家族は驚いていた様子。
夜中に妹からメールが届いていたけど、私は気付かずグッスリ夢の中。
滅多に地震が来ない地域だと、防災対策も全然進んでいないよね。
私の実家も、物が倒れてこないように固定したり、何か対策してほしいな。
まぁ家が古いから、物が倒れる前に崩れてしまう可能性大だけど(-_-;)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
お弁当箱
2014年03月12日 (水) | 編集 |
私の彼、何を隠そう糖尿病((+_+))
お腹はタヌキみたいに出ているんだよね…。
最初見た時には異性として見れないような気がしてたんだけど、いつの間にか彼女になってしまった(-_-;)

もう好きな物がコッテリの野菜ナシ!って感じなんだよね。
ピザの中だと、よりによってチーズしか使わない(しかも4種類のチーズ!)クワトロピザが大好物だし、肉が好き(しかも多いから問題)だし、揚げ物とグリル料理だったら揚げ物選ぶし、とにかくチーズが入った料理大好き。
もちろんチーズが体に悪い訳じゃないけど、野菜ナシのチーズ+炭水化物オンリー+運動嫌い、だと良くないよね(-_-;)
糖尿病という結果がそれを物語っているわ。

そんなわけで、同棲を始めたら私に健康的な料理を作って欲しいと言っているわけだけど。
一応、心に余裕がなくなるまではお弁当も作る予定。
多分2日に1回くらいかな。
私も働くから、そんなに余裕ないだろうしね(^_^;)
決意を変えないためにも、早速彼のためにお弁当箱を購入!

彼用のお弁当箱

彼は和風っぽいデザインが好きだから(そのへん外国人)、和モノ。
ぜーんぶで5千円弱も出費しちゃった~(笑)
こりゃもう、使うしかない!

実は昨日、圧力鍋なんて高価なものに興味を持ってしまった私。
いいな~、とは思っていたけど、どう良いのか、どんな圧力鍋がいいのか、全くの無知だったのね。
それが昨日幼なじみとランチした時、偶然にも圧力鍋の話になって、幼なじみの詳しいこと、詳しいこと。
なんでも、彼女のお母さんのために圧力鍋をプレゼントして、その時徹底的に調べたんだとか。
そしてオススメブランドやお買い得品など興味深い情報をくれたの!

今すっごく注目しているのが、伊勢丹が出してる限定商品のフィッシャーのプレミア圧力鍋。
これが何と、4.5Lでタイマー付き、両取っ手まで付いて、4万2千円!!(驚)
通常5~6万はするフィッシャーの圧力鍋が!←という情報も幼なじみに聞いた。
ちなみにフィッシャーとはお鍋全般の優良ドイツメーカー←これも幼なじみに聞いた。

うーん、うーん、悩む…。
出費が果てしなく多い今月に買ってしまうのは…。
でも4月から消費税が…しかも限定品だからいつ無くなるか…
圧力鍋を買って、必ず自分が料理をするように仕向けるっていうのはいい考えな気がする…という考えを言い訳にして、買ってしまいたい…

もう少し悩むとしよう((+_+))


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

和食日替わり定食ランチ
2014年03月11日 (火) | 編集 |
今日も友達とランチ(*^_^*)
今日は幼なじみの子と♪
その子はグルメで色々と食べ歩いているから、どこに行くか困らなくて心強い。
美味しい和食屋さんがあるから、と言って、新宿駅で待ち合わせていざ出陣!

その子は割と高めのランチでもあまり抵抗感なく行くタイプだから少し心配してたけど、妥協価格の日替わり定食をオーダーできたのでホッとしたよ(笑)
ちなみに私の平日外食ランチの理想価格→1000円以下。
妥協価格→1800円以下。
それ以上だと深く悩んでしまうかも(笑)
今は金欠だから特にね~。

日替わり定食

本日の日替わり定食。
一番安かったのは丼定食だけど、私は丼物があまり好きじゃないのと、乗っている具材がカニ(あまり好きじゃない)ってこともあって、こっちをオーダー。
彼女はもちろん、もう少しランクが上の日替わり御膳なるものをオーダー。
グルメだよね。

この焼き魚、絶品だった~♪
お刺身も付いてて、豪華(*^_^*)

ランチタイムだけではもちろん話し足りず、場所を変えてカフェでおしゃべり。

カプチーノ

カプチーノをオーダーすると、カワイイ感じに仕上がって出てきた(*^_^*)
カフェアートしてあると、飲むのがもったいないね。

気付けば4時近くと、ノンストップで話し続けた私たち…。
流石に疲れた(笑)
話すってエネルギー使うんだね。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
ロシア料理ランチ
2014年03月10日 (月) | 編集 |
今日のランチは、前の職場の同期&先輩とロシア料理ランチ(*^_^*)
食べログでも評判がよくて、ランチは並んでいることも多いとの噂。
ランチタイムの座席予約も出来ないっていうし、同期の子とは早めに待ち合わせて座席取りに行ったんだけど…
案の定、列が出来ていた~(驚)
平日なのに列が出来ているとは!
並ぶこと数十分、先輩が来た頃に丁度順番がやってきた♪

ランチはメインが選べるセットメニューになっていて、私が選んだのはマッシュルームのクリーム煮つぼ焼き。
最初はセットのボルシチ、サラダ、ライ麦パンが(*^_^*)

ボルシチ

ボルシチの中にはビーフとサワークリームも入っていて、味にコクがあって美味しい~♪
そしてメインのつぼ焼き。

つぼ焼き(マッシュルームのクリーム煮)

濃厚なクリームにマッシュルームが沢山入っていて、大満足なつぼ焼きだったよ(*^_^*)

私が今月末に引っ越すってこともあって、移動前に三人で集まってランチをしようということになったの。
女三人が集まってランチってなると、まぁ大体長時間になるよね(^_^;)
1時にお店入って、場所を変えてお茶しながらさらに話して、気付けば5時(笑)
年頃ってこともあって話の内容は結婚願望やら妊娠願望やら仕事に話やら…どうして話は尽きないんでしょうね?(笑)
楽しかったけど、なんだか疲れてしまったわ(^_^;)

明日は幼なじみとランチ。
最近は誰かとランチ続きで、私は恵まれてますな~。
引っ越す前のラッシュってだけだけど(笑)


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


入院の決意
2014年03月10日 (月) | 編集 |
それから数週間、カウンセリングを週に1回程度受けて、たまに診察も受けるという日が続いた。
カウンセリングで話をすると心は少しスッキリするものの、摂食症状が治っていく気配は全くない。
体重は相変わらず自己最低を記録したまま、31キロ~32キロの間を行ったり来たりしていた。

病院に行く決心をするのに、それなりに時間も勇気も必要だったはずなのに。
この苦しい状態が少しでも楽になるかもしれない、という期待だってあったのに。
病院は病気を治すところじゃないの?私、ちっとも良くならない。
食事は相変わらず怖いまま。
体力も明らかに落ちてきて、イギリスどころか、大学までの道のりがやけに長くて辛い。

なにより、食事をすることに、もう疲れた。
毎回毎回、カロリーを気にしながらお皿の前で葛藤することに、疲れた。
もう止めてしまいたい。
心がグッタリと疲れた。

「お母さん、私、もう疲れた」
そういう私に、
「そうかね…」
と電話越しに答えて、そのまま何も言えずにいるお母さん。
あまり弱々しい声を出すと心配させてしまうから、「自分で頑張らないといけないのに、どうしても食事量が増やせないの」と付け加えた。
本当は、最初の一言をただ言いたかっただけ。自分がこんなに疲れていることを、ただ知って欲しかっただけ。
「やっぱり、自力で色々と食べ始めるのは無理じゃないかね。食べるのが怖いんでしょう?」
お母さんが遠回しに入院の話を持ち出そうとしているのが分かった。
「…食べることそのものっていうより、食べた後の結果が怖いんだよね。そんなことあり得ないって理解していても、食べた分がそのまま翌日にはお肉になって体に付くような恐怖に駆られるの」
そう言いながら、もし仮に入院したとして、食べた翌日に恐れていたような事態が起こった時、発狂しそうになったら先生や看護婦さんがなんとかしてくれるかもしれない、という考えが脳裏を横切った。
「もし仮に…」
つい、脳裏に横切った考えをそのまま口に出してしまった。
「…入院したとして、普通に食事をしたとして、その翌日にお肉がいっぱい体中に付いちゃって発狂しそうになったら、先生がなんとかしてくれるかな」

お母さんは「それは分からないけど、患者に何かあって何も処置をしないっていうことはないと思う」と言った。
そんなことはあり得ないよ、とは言わなかった。
そう話しているうち、数日だけ入院して、試しに普通と同じほど食事をしてみるのはいい考えかもしれない、と思い始めた。
だって、頭では理解しているんだもの、食べた翌日にいきなり太ることはないってことを。
ただ怖くて、食べる勇気がないだけ。
何週間も入院するのは嫌だけど、数日間だけなら…。

私は本気で治したいと思っているんだもん。
いきなり普通と同じ量食べるのは怖くて無理だけど、少しずつ自分で食事量を増やしていって、点滴なんかじゃなく、食事で体重を増やしていきたい。
どうせいずれ点滴をされることになるなら、その前に一度くらい、食べた後自分がどうなるのか試してみてもいいんじゃないだろうか?

突然湧いてきたこの考えを早速お母さんに伝えると、次の診察の時に入院してみたいと先生に伝えてみたらどう?と言ってくれた。
もしかすると、食事量を増やす良いきっかけになるかもしれない。
ちょっとくらい多く食べたからってすぐに太り始めるわけじゃないと体験すれば、量を増やすのが精神的にずっと楽になるはず。
次の診察の時、先生に必ず入院のことを聞こう、と決めた。



お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
新しい職場の為に
2014年03月09日 (日) | 編集 |
買っちゃった~、システム手帳!
そして、勝負フセンにミニカード(*^_^*)

システム手帳&勝負フセン

このシステム手帳を選ぶのに、すーっごく時間が掛かってしまった…(-_-;)
私はバーチカルがいいっていう希望があって、しかも時間枠が薄めの線で仕切ってあってアレンジしやすいものがよくて、見た目もカワイイものがよくて…
要するにワガママなんだよね(笑)
全てを網羅する手帳なんて無いんじゃないかな(苦笑)

候補は何個か見つけたものの、そこから絞っていくのは至難の業だった~。
候補1は巻末付録ページが充実していて、単位早見表だったり、国際電話の掛け方&番号だったり、フォントの見比べ表があったり。売り文句が「編集者が使いたくなる手帳を、こだわって作りました」的な感じで、確かに便利そう。
ただ、バーチカルが謎の24時間対応で、「私はそんなに働きませんが…」とツッこんでしまいたくなる。
時間枠の線も濃いめで、理想とは違う感じ。
候補2はバーチカルが理想通りのデザインで、時間枠の線も薄めで、とっても書きやすそう。吉日もバッチリ書いてあって便利!(使うかどうかは別として)
惜しいのは、巻末付録が少し足りない…ような気がする。先に候補1の超充実した巻末付録を見てしまったから、そう思うだけかもしれないな。
中のデザインも平日重視型と週末均等型から選べて、週末は特に書き込まないから平日重視型が良い感じ。
候補3はバーチカルのデザインが少し気に入らないけど(時間枠の線が濃いめ)、表紙のデザイン&色がとっても鮮やかでカワイイ!
巻末付録は候補2と全く同じ。

巻末付録も重視したいけど、基本はやっぱりスケジュール部分の扱いやすさだよね~、と思い、謎の24時間対応の候補1を排除。
残り2つで、悩みに悩み、結局買ったのは「高橋書店 シャルム4」の平日重視型。
4月始まりっていうのも嬉しい(*^_^*)

もしかすると全く出番がない可能性もあるフセンも、とりあえず購入。
いざ必要な時に無くて困るより、持っていて出番待ちの状態にしておく方が安心感ある(*^_^*)
新しい物を買って準備すると、なんだかワクワクしちゃうねー♪


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

久しぶりの悪夢
2014年03月08日 (土) | 編集 |
すっごい久しぶりに、悪夢をみて目が覚めちゃった。
かなり怖い夢で、目が覚めたのは朝の5時頃。
うーん、驚いたな。

その後二度寝することができたけど、案の定、スッキリしない寝覚め。
今日一日普通に過ごしたけど、なんだか頭痛もする感じ。
悪夢の影響は大きいな…。

いつも悪夢を見るとそうなんだけど、今夜は寝るのが怖いかもしれない。
昔よく悪夢で悩まされて、その記憶が残ってるみたいなんだよね、本能として。
一回見ちゃうと、何度か同じ悪夢を見ることが多かったから。
もちろん毎回そうなわけじゃなくて、今回は1回きりだと思うんだけど。
それでもスッキリしないよね~、気分的に。

今夜は明るい映画でも観て、夜は久しぶりにテレビを点けたまま寝ようかな。
そうしちゃおっかな。
こういうとき、一人だと心もとないよね。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
ミルクを楽しもう
2014年03月07日 (金) | 編集 |
4月からの就職先も無事決まったし、引っ越し関係の予定も大分決まったし、大きな赤字を避けるためにバイトを入れないと!ということで計4件、試食販売のバイトを追加。
うーん、4件だとあまり大した稼ぎにはならないなぁ。
何も無いよりは全然マシだけど(-_-;)

今日は試食販売の研修日。
午前中は割と暖かかったというのに、午後には何故か雪がチラつく中、あまり防寒しなかったことに激しく後悔しながら移動。
その帰りに最寄駅のスーパーに行ったら、偶然にも以前ある試食販売の時にお世話になった先輩と遭遇しちゃった。
「あの時はお世話になりました~」と声を掛けると、向こうも私を覚えていてくれた様子(*^_^*)
先輩は牛乳の試飲販売中だった♪

「頑張ってますね~」に始まり、今日ちょうど新規4件の研修を受けた帰りだと伝えて、「そのうち3件が牛乳の試飲なんです~」と伝えると驚いてた(笑)
私、この前から牛乳ばっかり。
全然嫌じゃないけれど、冷蔵庫前にずっと立つから寒いんだよね…(-_-;)

牛乳の試飲販売をするようになって、いろんな牛乳を試してみたくなったよ。
これまでは安い特売牛乳(成分無調整)を買ってたけれど、たまには少し割高の牛乳を手に取ってみたり。
知らなかったけど、味が本当に全然違うの!
これにはちょっと感動だよ。
因みに、今回飲んでいるのはコレ。

タカナシ低温殺菌牛乳

普通の牛乳と違って、低温殺菌してるんだってー(見たまんま)。
味は、コクがあるというよりは、甘みがあってマイルドで優しい感じ。
タカナシ牛乳自体を初めて飲むわけだけど。

一人だし、そんなにゴクゴク飲むわけじゃないから小さい紙パック。
次は何を買おうかな~♪


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
初めてのカウンセリング2
2014年03月06日 (木) | 編集 |
カウンセリングの後、診察室前の椅子で待っていると、少ししてまた私の名前が呼ばれた。
今日はカウンセリングだけだと思っていたけど? と思って診察室の中に入ると、前回診察してくれた医師がいて、私に座るように促した。

「カウンセリングはどうでしたか?」
そう聞かれて、「えっと…まだ1回目なので、よく分かりません」と答えた。
もし問題なければ、今後もカウンセリングを続けながら様子をみましょう、と言われて、「分かりました」と頷いた。
実際のところ、カウンセリングでは慰めの言葉みたいなものを言ってくれて嬉しかったし、今まで誰にも打ち明けることが出来なかったことだったから、第三者に話すことが出来てスッキリできた。
でも、それだけ。
特に食事に対するアドバイスをくれたわけでもないし、どうすれば克服できるのか、具体的なアドバイスは今回何もなかった。
あの様子だと、次回もその次も、私の摂食症状そのものに対する克服方法みたいなアドバイスは、無いと思ったほうがいいかもしれない。
このままカウンセリングを続けることに多少の疑問を感じながらも、とりあえずその場は今後も受けるという方向で話を進めておくことにした。

その後、診察は2~3回のカウンセリングにつき1回というペースで進めると言われ、診察では体重測定やその他の体の異常を相談するってことで話が進んだ。

家に帰って、さっそくその日のカウンセリングの様子をお母さんに電話で報告した。
期待と違って、具体的な克服方法の話は出なかったということを。
「やっぱり、食事に関しては自分でなんとかしていくしかないみたい」そう言うと、「そうだけど、なんとか出来ないから病院へ行くことにしたんでしょ? やっぱり先生に勧められた通り、一度入院してみたら?」
お母さんは、数か月先に迫ったイギリス留学の心配をしていた。
「このままじゃ、行っても体力が持たないよ。向こうに行って倒れても、日本じゃないから何もできないでしょうが」
もし入院が嫌なら、定期的に病院で点滴を打ってもらうだけでも違うんじゃない? というお母さんに、「点滴は嫌だ」と言って電話を切った。

入院なんて、とんでもない。
入院したら、絶対に太ってしまう。
点滴をして、無理やり食べさせられて、強制的に太らされてしまうに違いない。
体だけ太ったって、食事に対するこの恐怖心はどうすればいいの?
この恐怖心が無くならない限り、私は一生このまま苦しまないといけない。
点滴だって一緒。栄養が体に入るっていうことは、太ってしまうってこと。
あんな液体で太らされるなんて、とんでもない。
どうせ太るなら、好きなものを食べて太りたい。

電話を切った後は、そんな思いが悶々と頭を巡った。
と同時に、やっぱりカウンセリングもあまり役に立ちそうになかった、と悲しくなった。
期待せずにおこうと決めておきながら、やっぱり心のどこかで何かを期待していたんだと思う。
そりゃそうだ。この苦しみから助け出してくれるなら、別に悪魔だって構わなかったんだから。

こうして1週間に1度、カウンセリングを受けることになった。
大学生活は、相変わらず真面目に過ごす日々が続いた。
毎日通う徒歩通学が、日に日に辛くなっていった。
恐らく急激に痩せていったのは帰国してすぐの頃までで、そこから先は痩せようにもガリガリで、なんとか体重を維持している状態だというのに、体力が圧倒的に落ちてきたのはガリガリになってしまってからだった。
もしかすると、体力も急降下していたはずなのに、単に気付かなかっただけかもしれない。
あの時ダンスを踊れたのも、何キロも歩けたのも、体力が低下していなかったからじゃなくて、単に体が辛かったことに気付かなかっただけなのかも。
どんどん落ちていく体力に、不安がだんだん強くなっていった。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
面接結果
2014年03月06日 (木) | 編集 |
もう面接の結果が分かっちゃったよ(-_-;)
本当に即決なのね。


…採用だって(T_T)
嬉しい~(泣)
とりあえずこれで、引っ越し代や旅行代や車代etc.で消えていった貯金を少しずつ埋めていくことが出来る!

でも他からまだ連絡来ていないから、返事は来週の月曜まで待ってもらうように交渉してから電話を切ったけど。
電話を受けた時はとにかく慌てて(?)いて(笑)、なんとかして返事までの期間を貰うことに集中してしまった。
その後よく求人票を見比べて考えてみると、せっかく採用してくれたし、ここでいい気がする。

とにかく、来週に面接予定の所は辞退しなきゃね…。
その結果を待っていたら、今日もらった採用はどこかへ飛んでしまうわ(汗)

これまで転職は一回しかしたことなかったけど、その時も予想外にすんなりと決まって、「ラッキー!」なんて喜んでたなぁ。
入社してすぐ、そこは驚くほど大変な会社なんだと知る訳だけど(-_-;)
色んな意味で。
もしかして、今回も…?という不安が、無い訳じゃない。

でも、考え直してみるとここに決めてしまってもいいと思えるから、別に月曜まで待ってもらわなくてもよかったなー。
まぁいいか。
実際に働き出して困らないように、英語の勉強しようかな(英語を使う所)。

彼には今夜報告予定。
もう結果が出たなんて、驚くかな?


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
面接は無事終了
2014年03月05日 (水) | 編集 |
無事に面接終わった~~!
採用されるかどうか、まったく分からない…。
今週中に結果が分かるのは、嬉しいような嬉しくないような(-_-;)
今週中って、あと2日ですけど?!
意外と即決なんですねー、なんちゃって。

あ~~~~……11日にもう1件面接+1件書類選考の結果待ち、という状態。
3月だというのになかなか暖かくならない天気と一緒で、私に春が来る日も遅い…かもしれない。

今日はもう寝るっ!
明日は面接
2014年03月04日 (火) | 編集 |
現在、転職活動中な私は、明日いよいよ応募した求人の面接に行ってくるよ!
合計で4件応募して、そのうち2件は面接が決まっているの。
さらに1件は書類選考のみの仕事。
残る1件のみ、書類選考の結果待ち…。
一番受かればいいなと思っているのが、書類選考結果待ちの1件だったりする(^_^;)

彼との同棲生活がどのくらい続くのか未知数ってこともあって(自信持てよ!って話なんだけどね)、短期や派遣的な仕事に応募する予定だったんだけど…
求人を見ていると、興味を持つ仕事は多くが1年更新の契約社員だったり、1年間のみの契約社員だったり、拘束時間は派遣に近いけど責任は派遣よりあるような仕事が多くて、悩んじゃった。
もし彼との同棲生活が1年続かなかったら、仕事はどうなるんだ?!という大きな疑問は棚に上げて、とりあえず応募してみたよ(笑)
多分大丈夫だとは思うけど、もし彼と別れてしまったら、最悪の場合アパート借りるって手もあるしね(-_-;)

車を買っちゃったし、何でもいいから受かって欲しい。

今月の塾の講師スケジュールが今日確定して、このままだと今月は収入5千円未満という超極貧な私(T_T)
もちろん試食のバイトを入れて少しでもマイナスを打ち消す努力はするけれどもね。
マイナス額が大きすぎて、カバーしきれないわ~(泣)
今月、貯蓄が泡のように消えていくのを泣きながら見守ろうと思います…。


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
ついに車を購入!
2014年03月03日 (月) | 編集 |
ついにマイカー購入(*^_^*)
すっごい悩んだけど、最終的にスズキのアルトラパンに決定!
決め手は、値段(車検もろもろ含めた総額で37万円!…中古だよ)&スタッフさんの接客。
このお店だったらアフターフォローもしっかりしてくれるかも、と思ったの。
買ってからが長い付き合いの車。その後のトラブルにも対応してくれるところで買わないと、後々大変なことになるよね。

最後の最後まで悩んだのは、ライトブルーのMOCOとシルバーのアルトラパン。
MOCOは19年式で中古にしては若い車だったけど、走行距離が12万キロ近くと、前のオーナーはヘビーユーザーだった模様。
その代わりメンテナンスはきちんとしていたみたいで、保存状態も良くて12万キロも走った車とは思えないほど綺麗な外観(驚)
アルトラパンは14年式と古い車だけど、走行距離は9.3万キロとMOCOよりは少な目(といっても多いよね)。
安っい中古車を買おうと思ったら、走行距離はかなり多いものばかり。
好きな車種とか、色とか、内装とか、あまりワガママは言えない…。
何故MOCOとアルトラパンで迷ったかというと、私は色にかなりこだわっていて、ブルー系かグリーン系が欲しかったの。
シルバーや黒とか定番色はなんだか避けたかった。
結局定番色になってしまったけど(涙)

見つけたシルバーのアルトラパンは内装がかなり綺麗で、シルバーという色を忘れさせるほど。
色々なお店でラパンのグリーン系を見たけれど、保存状態が良くて「乗りたい」と思える内装だったのは、このシルバーのラパンだけ。
こんなに古い車で、内装がこーんなに綺麗なんて、奇跡だよね、奇跡!
ラパンは私が十代の頃から「将来車を持つならラパンが良いな」と思ってた車種だったから、もっぱらラパンばっかり見て回ってたの。
ところが、あるお店で彼がライトブルーのMOCOを発見。これが12万キロも走っているなんて思えないほど保存状態が良くて、何と言っても色がライトブルー!
シルバーはなんとしても避けたかったから、心は一気にグラついた(笑)
MOCOもカワイイ外見だし。
そして大柄な彼が助手席にのるなら、中が広いMOCOがピッタリ。ラパンは彼には小さすぎて窮屈みたい。
だから彼は断然MOCO押し(笑)「買うのはキミだし、キミが運転するんだから、僕の考えを押し付けたりしないよ~」と言いつつも、最後までMOCOのメリットを私に熱く語っていたよ(^_^;)

値段も同じくらいだったから余計悩んでしまったけど、ラパンの試乗をさせてもらって、そのステアリングの軽さに大満足して決定。
彼には悪いけど、このラパンに乗る時には小さくなっててもらうことにする(笑)

37万なんてすごく破格なはずだけど、それでも私にとっては大きな支出。
今はバイトで過ごしていて、特に今月は面接を受ける関係上あまりバイトを入れていないから、余計に大きく感じる出費(T_T)
もう契約して現金でサッサと支払ってしまったから、なんとしても面接にパスして4月からの仕事をゲットしなくては(汗)
今合計で4件の求人に応募していて、どれも現在進行中。
とりあえず2件は面接が決まったから、第一難関はクリアかな。
頑張れ、私!


お時間ある方、クリック宜しくね♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。